社長を支える「グループ経営の裏方」機能を作ることができれば、グループ経営が面白くなる!
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • グループ経営

タグ : グループ経営

Vol.225 グループ経営で注意すべき「やさしさ」

グループシナジー グループ経営者としては、 「グループ経営によって   グループ会社間のシナジーを生み出していければ!」 と考えられるものだと思います。   単純に「1+1=2」にしたいというよりは、 出来る限 …

Vol.224 グループ管理部門の業務標準化を実現するには?

久々の更新 最近は日々の業務に追われ、 なかなか記事を書く時間をとれていませんでした。 更新頻度が一度落ちてしまうと、 なかなか元に戻すのも難しいものだなぁと感じつつ、 反省をしていることですが、 なんとか更新頻度をこれ …

【雑感】これからのオーガニック市場はどうなる?

オーガニック食材宅配 オーガニック食材の宅配としての メジャーな3社があります。 ・大地を守る会 ・オイシックス ・らでぃっしゅぼーや   ちなみに、3社の比較については、 以下のサイトにきれいにまとめられてい …

Vol.218 グループ本社の機能(コーポレートセンターとサービスセンター)

グループ本社機能 最近のグループ経営の現場では、 グループ本社機能の強化がテーマになることが増えてきました。 本社部門として要求される業務レベルは上がっていますが、 一方で、どうしてもコスト削減を要求されがちな部門でもあ …

Vol.215 グループ内取引の経済合理性とは?

グループ内取引の妥当性とは? グループ経営の現場では、 必ずと言ってよいほど議論になるテーマが、 「グループ内取引の金額の妥当性」 ではないでしょうか。 「この金額では高すぎる(低すぎる)」 「寄付金扱いになるのでは?」 …

【事例】バーチャレクス・コンサルティング株式会社

※平成29年5月18日にバーチャレクス・コンサルティング株式会社より適時開示されている「会社分割による持株会社体制への移行及び定款の一部変更 (商号及び事業目的の変更)に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内 …

Vol.213 グループ利益が出ているときこそ求められる経営者の役割

見過ごされがちな悪い症状 グループ経営の現場において、 すべてのグループ会社が黒字だったり、 絶好調だったりすることは多くありません。 なかなかそう上手くはいかないものです。   グループ会社ごとにグループ内で …

【事例】株式会社 関門海

※平成29年5月15日に株式会社関門海より適時開示されている「会社分割(簡易分割・略式分割)による持株会社体制への移行に関する検討開始のお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行の検討開始 開示 …

【コラム】外部の優秀な専門家はどこにいるのか?

理想的なグループ経営のカタチ 「新しいグループ経営のカタチにしてきたいのですが、  どうすればよいと思いますか?」 立場上、ちょこちょこ相談を受けることがあります。   普段からお付き合いのあるクライアントの場 …

【事例】スターティア株式会社

※平成29年4月14日にスターティア株式会社より適時開示されている「持株会社体制への移行に関する検討開始のお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行の検討開始 開示概要 ●グループ経営を高度化さ …

Vol.211 グループ経営管理に必要な「力」

グループ経営の難しさ グループ経営を進めていくと、 必ず、社員数が増え、組織の数も増えます。 それに応じて、 グループ内の各所に情報が散乱し、 作成されるデータ・資料も増加します。 ということは、 必ず全体像の把握が難し …

Vol.210 グループ経営のステージを上げていく

グループ経営の管理面が気になり始めるタイミング グループ会社数が増えてくると、 グループ内の社員数も増えますし、 仕事のやり方、資料、個性、等、 いろいろなことが多様化していきます。 経営者としては、 グループ全体の管理 …

Vo.209 なぜシェアードサービス化が難しいのか?

シェアードサービス グループ経営の現場では、 しばしば「シェアードサービス」について、 議論が上がることがあります。   グループで機能・業務をシェアすることで、 グループ全体での効率化を図るという趣旨だと思い …

Vol.208 連結決算業務は「仕組み」が9割

ブラックボックス化しやすい連結決算 グループ経営に欠かせない業務の1つが 「連結決算業務」 です。   連結決算というと、 立場によってイメージされるものが違うかもしれません。 ただ、共通してイメージされている …

Vol.207 はじめてのホールディングス経営は不安?

なぜホールディングス移行が増えているのか? 最近は、ホールディングス形態に移行される会社が 一段と増えてきたように思います。 経営者は、常日頃、 最適な組織デザインを試行錯誤していくものですが、 最近は、なぜホールディン …

【事例】株式会社ミスターマックス

※平成29年2月9日に株式会社ミスターマックスより適時開示されている「会社分割による持株会社体制移行及び子会社(分割準備会社)の設立に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行 分割準備子 …

【事例】橋本総業ホールディングス株式会社 & JKホールディングス株式会社

※平成29年2月7日に橋本総業ホールディングス株式会社とJKホールディングス株式会社より適時開示されている「橋本総業ホールディングス株式会社とJKホールディングス株式会社の共同持株会社設立(株式移転)による経営統合に向け …

【コラム】子会社「族」のリアル?

子会社「族」 今週号(2017年2月11月号)の 週刊ダイヤモンドのタイトルが、 “子会社「族」のリアル” というものでした。 グループ経営を専門にしている私としては、 興味を惹かれるタイトルだったため、 思わず読み込ん …

Vol.205 グループ経営方針を達成していくためには?

忙しい現場 最近は、どこの会社も 本当に忙しそうにしています。   マーケットが縮小していく日本において、 多くの会社が、異業種参入や海外進出等によって、 なんとかマーケットを維持・拡大していく傾向が 年々強ま …

【ご挨拶】あけましておめでとうございます(2017年の取組方針)。

あけましておめでとうございます あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。 当ブログ記事の方は、 週1回(or 2回)の更新を今年の目標に 記事を書いていきたいと思っています。   今 …

【事例】株式会社 東京衡機

※平成28年12月19日に株式会社東京衡機より適時開示されている「会社分割(簡易新設分割)による持株会社体制への移行に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行 開示概要 ●平成28年12 …

【事例】株式会社 平山

※平成28年12月1日に株式会社平山より適時開示されている「会社分割による持株会社体制への移行及び分割準備会社設立に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行 開示概要 ●平成28年12月 …

Vol.204 グループ経営管理機能の役割

グループ経営管理機能とは? 複数の会社を経営していく中で、 「グループ経営管理機能」 を有しているかどうかは、 グループ全体が成長していくうえで、 とても重要なポイントになります。   グループ経営管理機能とい …

【マメ知識】オーナー社長の株式上場とグループ経営

オーナー社長の夢? 成長意欲の高いオーナー社長の多くは、 実際に目指すかどうかは別として、 「株式上場」 を夢見ているものです。 決して、 「上場会社>未上場会社」 というわけでは決してないと思いますが、 会社に対する世 …

【事例】株式会社フリークアウト

※平成28年11月18日に株式会社フリークアウトより適時開示されている「会社分割による持株会社体制への移行及び定款一部変更(商号及び事業目的の変更)に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への …

Vol.203 グループの一体感を作っていくためには?

子会社の気持ち 親会社はそれほど意識していなくても、 子会社側では「親子の立場の違い」を意識しているものです。 「親会社からいろいろ指示が多い」 「親会社から上から目線で命令される」 「提出資料が多い」 「親会社のいろい …

Vol.202 海外子会社とIFRSの関係は?

海外子会社 グループ経営といっても、 国内だけのグループ経営か、それとも、 海外子会社まで含めたグループ経営かで、 その経営の難しさは大きく異なります。 海外子会社を保有されている経営者にとっては、 習慣や文化の違いや言 …

【事例】株式会社エスケーアイ

※平成28年10月14日に株式会社エスケーアイより適時開示されている「会社分割による持株会社体制への移行検討及び分割準備会社設立に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行 開示概要 ●平 …

【事例】株会社マイネット

※平成28年10月13日に株会社マイネットより適時開示されている「会社分割(簡易新設分割)による持株会社体制への移行のお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行 開示概要 ●平成28年10月13 …

Vol.201 赤字子会社への貸付けは合理的に行われていますか?

赤字子会社への貸付 グループ経営を進めていく中では、 どうしても赤字子会社は存在は避けられません。 一時的であったとしても、 赤字の時期というものがあったりするものです。   そして、どうしても発生する問題は、 …

【雑感】既存顧客と新規開拓

今年の「新規」は終了 今年も残すところ 約3ヵ月となってきました。 実は、今年は、新規案件用に 「秋くらいまでに新しいサービスを作り込んでスタートしよう!」 と思っていました。   が、ここ最近は、 既存案件対 …

Vol.198 赤字の子会社の引き際

赤字の子会社 グループ経営において、 すべてのグループ会社が黒字になっていれば 理想的ではありますが、 現実的には、そのような状態の方が 珍しいのではないでしょうか? どれだけ業績の良いグループ会社でも 1社や2社は赤字 …

【雑感】なぜ下手な「絵」を載せるのか?

絵 このブログを書き始めた当初は、 文章と同時に簡単な「絵」を掲載していました。 また、トップページにある画像にも カラフルな「絵」を使っています。   一応、文章の内容に合わせて 意味を込めて「絵」を描いては …

Vol.192 カタチだけの連結決算になる会社の特徴とは?

連結決算の手順 これまでも何度か繰り返している内容ですが、 連結決算書を作成する手順は、 ざっくりいうと、 ———————— …

【コラム】世界4地域にCFO(1/2)

不二製油の取組み 先日(2016年7月20日)の日本経済新聞で、 以前、「【事例】不二製油 株式会社 」で ホールディングス化事例としてお伝えしたことのある 不二製油グループ本社の記事が掲載されていました。   …

【税務】グループ内の貸付金の利息

子会社への貸付 グループ経営を実践していくなかでは、 どうしても、資金的に余裕があるグループ会社と、 資金的に苦しいグループ会社が出てくるものです。 一般的には、 親会社の方が資金的に潤沢で、 子会社の方が資金不足になる …

【グループ税制】企業組織再編における「適格」と「非適格」①

企業再編における専門知識 グループ経営を続けていくなかでは、 どうしても「企業組織再編」は避けられません。 前向きなもの、後ろ向きなもの、 そのときどきでいろいろな決断を迫られるものですが、 その組織再編のイメージを形に …

Vol.185 子会社管理において重要なポイントは?

子会社管理 グループ経営において、 子会社をどれだけ管理できるかは、 重要なテーマです。 親会社としては グループリーダーシップを発揮し、 グループとして目指す方向に 子会社を導いていく必要があります。   た …

【事例】株式会社極楽湯

※平成28年5月13日に株式会社極楽湯より適時開示されている「会社分割による持株会社体制への移行 及び商号変更に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行 開示概要 ●平成28年5月13日 …

Vol.184 赤字から脱却するために経営者がとるべき戦略は?

会社の状況とマネジメントの違い 先日、ベネッセの原田社長が 退任されるというニュースがありました。 個人情報流出という厳しい背景あったとは思いますが、 どれだけ実績のあるプロ経営者でも置かれた状況や会社によって 万能なわ …

Vol.183 シェアードサービスによる「弊害」は?

グループ経営と重複業務 グループ会社が増えていくと、 自然と業務の重複や肥大化が 生まれてくるため注意が必要です。   グループ会社が複数できていくなかで、 いったん生まれた業務は なかなか消滅しづらい特性があ …

【税務】子会社の設立に関する費用

はじめに 経営者にとっては、 税務面の専門的知識を 細かく理解しておく必要はないと思っています。 とくに専門的な税務の論点については、 社内の経理部やCFOに任せることになると思いますが、 一方で、専門外のことであっても …

【コラム】最強の会計数値分析データとは?

左脳と右脳のマネジメント 本日は、 少し雑談程度の記事を 書いてみたいと思います。   個人的な好みの話ではありますが、 マネジメント論を 右脳マネジメントと左脳マネジメントに 仮に分類した際に、 私は「右脳」 …

【事例】ワイエイシイ株式会社

※平成28年4月18日にワイエイシイ株式会社より適時開示されている「持株会社体制への移行に係る検討開始について」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行の検討開始 開示概要 ●本日開催の取締役会において …

【事例】日本コンベヤ③(NCホールディングス株式会社)

※平成28年4月1日にNCホールディングス株式会社より適時開示されている「「NCホールディングス株式会社」設立および持株会社体制移行後のグループ経営体制のお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 ホールディングス化 …

Vol.176 グループ数値が何種類も存在していませんか?

数値の一元管理の難しさ 会社のなかには、 いろいろな情報がありますが、 そのなかにはさらに いろいろな「数値情報」があります。 ・売上高数値 ・仕入高数値 ・在庫量 ・各種回転期間数値   挙げだすときりがあり …

Vol.175 「グループ経営」の責任は誰が負っていますか?

取締役の責任は? 会社が大きくなってくると、 複数名の取締役で会社経営をしていく 組織になっていくと思います。 通常「取締役」というと、 会社の経営者の1人であり、 経営全般的に責任を負う1人となります。   …

【事例】株式会社トリドール

※平成28年3月15日に株式会社トリドールより適時開示されている「会社分割(簡易分割・略式分割)による持株会社体制への移行に伴う子会社(分割準備会社)の設立に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社 …

Vol.173 生きた「連結パッケージ」作っていますか?

連結決算の仕組みに不可欠な「連結パッケージ」 連結決算の仕組みを構築する際に 欠かせないアイテムがあります。 それは、 「連結パッケージ」 です。 つまり、 グループ各社の情報を 収集するためのフォーマットです。 &nb …

【知識】グループ内組織再編に「税」の逆風?

グループ戦略「税」の逆風? 今週月曜日の日本経済新聞に掲載されていた 「グループ戦略『税』の逆風」 というタイトルに目をひかれました。 私は、グループ経営において 税金のことが本業を差し置いて メインテーマになるべきでは …

【事例】フューチャーアーキテクト株式会社

※平成28年2月23日にフューチャーアーキテクト株式会社より適時開示されている「新設分割による持株会社制移行に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社制への移行 開示概要 ●平成28年2月23日開催 …

Vol.170 連結決算業務で解決が一番難しい論点とは?(2/2)

解決が難しいランキング1位は・・・ 前回に引き続き、 連結決算業務において 解決が難しい論点について お伝えしてみたいと思います。 今回は、 「解決が難しいランキング第1位」 についてです。   連結決算業務に …

Vol.169 連結決算業務で解決が一番難しい論点とは?(1/2)

連結決算実務ではいろいろな壁にぶつかります 連結決算業務は グループ会社のあらゆる社員が 関係してくる業務です。 個人的には、 これまでもお伝えし続けてきましたが、 あらゆるグループ社員が主体的に連結決算に取り組む 「み …

Vol.168 みんなで「連結決算」を作るには?

みんなで作る連結決算 前回の「(Q9)」において、 連結決算をグループ経営に役立たせる 仕組みを作るには、 ———————— …

【コラム】本業への思いとグループ経営

カンブリア宮殿で見た1枚の写真 昨年末に「カンブリア宮殿」で、 貸農園を経営している社長が 出演されていました。 とてもさわやかで 雰囲気の良い、まだ若手の社長 といった感じです。   毎週「カンブリア宮殿」を …

Vol.167 連結決算は何人で実施していますか?

連結決算は難しい? 連結決算というと どうしても難しそうで、 専門的なイメージがあるようです。 会計の知識のある人や 経理社員、税理士等であっても、 ほとんどの人が、 「連結決算となるとちょっと・・・」 となってしまいま …

Vol.165 いつから「連結決算」を導入しますか?

連結決算を始めるきっかけ グループ経営をしている会社では、 「連結決算」 がテーマになることがあります。 但し、 グループ経営をしている会社の全てが 連結決算を実施しているわけではありません。   たまに、 中 …

【事例】株式会社 福山コンサルタント

※平成28年1月29日に株式会社福山コンサルタントより適時開示されている「持株会社体制への移行に関する検討開始のお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行検討 開示概要 ●平成28年1月29日開 …

Vol.164 経営指導は誰のため?

経営指導は誰のため? 前回の続きとして、 「経営指導料」 について書いていきたいと思います。 そもそも経営指導料の前提となる 「経営指導」とは、 誰が必要としているものなのでしょうか?   普通に考えると、 経 …

Vol.163 結局、「経営指導料」とは?

経営指導料とは何か? グループ経営のなかで よくテーマに上がるのが、 「経営指導料」 です。 以前にも、 「【コラム】経営指導料の算定方法 」 「【研究】経営指導料の比率(1/2)」 「【研究】経営指導料の比率(2/2) …

【事例】 ダイドードリンコ株式会社

※平成28年1月15日にダイドードリンコ株式会社より適時開示されている「持株会社体制への移行方針決定に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行方針決定 開示概要 ●平成28年1月15日開 …

【コラム】「最強グループSMAP」から考察する「グループ経営」論

最強のグループ 先日、 SMAP解散というニュース が報道されました。 噂レベルでは、 これまでも何度かありましたが、 実際に現実的な記事になると、 結構衝撃が大きいものです。 昔、「森くん」が脱退したときも かなりイン …

Vol.161 ホールディングカンパニーに求められる人材とは?

ホールディングカンパニーの「本業」 ホールディングカンパニーの「本業」は、 (A)子会社の事業成長支援 (B)グループ全体の調整 といったことを通じて「グループ経営」を 実践していくことです。 つまり、 「『グループ経営 …

Vol.160 サーバント・リーダーシップとホールディングスに親和性はある?

ホールディングス化の3大目的 ホールディングス化する会社が その目的として必ずと言ってよいほど挙げる 項目があります。 それは、 ——————&#8 …

Vol.158 はじめてのM&Aの前に実践しておきたいこと

最近は、 リーマンショック後の不況期から一転、 景気も回復したこともあり、 積極的なM&Aの話を聞く機会が 多くなりました。 一般的に、 景気が悪い時には、 掘り出し物案件を 比較的安くM&Aできる場合が …

Vol.157 トップの言葉を現場の隅々にまで届ける仕組み

先日の記事で、 サンフレッチェ広島の森保監督の マネジメントを参考にして、 書かせていただきました。 ポイントは、 ———————&#8 …

Vol.152 「観てあげる」仕組み

昨日の記事の 「【コラム】森保監督から学ぶこと②」 でも触れさせていただいた内容をもとに、 グループ経営における「観る」ことについて、 本日は書いてみたいと思います。 上記記事でもお伝えしましたが、 「社員を観てあげるこ …

Vol.151 グループ経営のボトルネックとは?

グループ経営のカタチは様々ですし、 経営者が試行錯誤し、カタチを変えながら、 理想のグループ組織デザインを追求していきます。 その形としては、 1つの法人のなかで事業部単位で分業したり、 別法人を立ち上げたり、 いろいろ …

Vol.150 未来を変えていく「連結決算」の仕組み

グループ経営において 連結決算の仕組みが重要であることは これまでも繰り返しお伝えしてきました。 グループ経営者としては、 連結決算を導入することで、 ✓グループの現状が見える化できる ✓グループ経営判断に活用できる ✓ …

Vol.148 必ず変わる?「グループ組織デザイン」との付き合い方(1/2)

日々多くの会社で、 グループ内の組織再編が 実施されています。 このグループ内組織再編のきっかけを 大きく分けると、 ①新規事業が加わる ②既存事業を廃止する ③既存事業を整理しなおす の3つに分類できます。 &nbsp …

【研究】経営指導料の比率(2/2)

ホールディングス型ではない場合は? 前回は、 ホールディングス型のグループ経営の 経営指導料の比率について 事例をもとに研究をしてみました。 今回は、その続きとして ホールディングス型でない場合の グループ経営の経営指導 …

Vol.146 「グループ最適」を実現するためには?

前回の 「Vol.145 本当にその子会社の経営判断は正しいですか?」 のなかでは、東芝の例をもとに、 ————————&# …

【事例】株式会社ヒューマンウェブ

※平成27年11月13日に株式会社ヒューマンウェブより適時開示されている「持株会社体制への移行に伴うグループ組織再編に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行 定款変更(商号及び事業目的 …

Vol.140 どのようにグループ資金を管理していますか?

会社の規模が大きくなり、 成長してくると、自然と、 グループ経営の段階に移ってきます。 但し、 「グループ会社がすべて黒字で 資金的に余裕があるグループ会社ばかり」 といった状況をいきなり作り上げるのは 難しいものです。 …

Vol.139 これまでの記事を、ここで一度整理してみたいと思います(3/3)

前回、参考として これまでの記事のいくつかを 下図の4分類に振り分けてみました。 今回は、補足として、 ①~④についてのポイントを お伝えさせていただきます。   最初に①②ですが、 これはどのようなグループ組 …

Vol.137 これまでの記事を、ここで一度整理してみたいと思います(1/3)

グループ経営関連の専門記事として ここまで、いろいろな切り口でお伝えしてきました。 たとえば、 ・連結決算 ・ホールディングス ・シェアードサービス ・業務フロー ・グループ経営資源 ・グループ組織デザイン 等々。 テー …

今週の「減らす」決断(2015年10月26日~10月30日)

※平成27年10月30日に株式会社壱番屋より適時開示されている「ハウス食品グループ本社株式会社による当社株券に対する公開買付けに関する意見表明のお知らせ」をもとに情報を整理しています。  はじめに 今週は「壱番屋」「ハウ …

Vol.136 グループ経営にとって重要なマーケティングとは?

マーケティングの重要性は、 改めてここでお伝えする必要は無いと思います。 ただ、グループ経営の場合、 マーケティング活動において、 とくに意識をしていただきたいポイントがあります。 そこで、今回は、 「グループ経営にとっ …

Vol.135 ホールディングカンパニーにシェアードサービス機能を置く

グループ経営をデザインする際に、 シェアードサービス機能を埋め込む場合には、 大きく2つのデザインがあります。 前回ご紹介した通り、 ①ホールディングカンパニーにシェアードサービス機能を置く ②シェアードサービス機能を持 …

【事例】株式会社 中央経済社

※平成27年10月20日に株式会社中央経済社より適時開示されている「会社分割による持株会社体制への移行及び子会社(分割準備会社)の設立に関するお知らせ 」をもとに情報を整理しています。 内容 会社分割による持株会社体制へ …

Vol.134 シェアードサービス子会社のメリット&デメリット

グループ経営をデザインする際に、 シェアードサービス機能を埋め込む場合には、 大きく2つのデザインがあります。 前回ご紹介した通り、 ①ホールディングカンパニーにシェアードサービス機能を置く ②シェアードサービス機能を持 …

Vol.133 シェアードサービスをどのようにグループ経営に組み込むべきか?

これまで、 シェアードサービス化を 実現するにあたって必要となる 「現状の業務を見える化」 についてお伝えしてきました。 業務の見える化ができれば、 以下のような業務の特性に分類をして、 実際にシェアードサービス化する業 …

今週の「減らす」決断(2015年10月12日~10月16日)

平成27年10月12日~10月16日の適時開示情報をもとに、 「子会社を減らす」決断をした事例をご紹介いたします。 はじめに 今週は2件の事例をご紹介させていただきます。 「子会社を減らす」という決断は勇気がいるものです …

Vol.131 業務フローで「インプット」と「アウトプット」の見える化

業務フローの作成についてのポイントを 前回はお伝えさせていただきました。 前回は、 「売上に関わる活動」を例に、 お伝えさせていただきましたが、 それ以外の業務についても、 あわせて業務フロー作成が望まれます。 &nbs …

今週の「減らす」決断(2015年9月21日~9月25日)

平成27年9月21日~9月25日の適時開示情報をもとに、 「子会社を減らす」決断をした事例をご紹介いたします。 はじめに 今週は3件の事例をご紹介させていただきます。 「子会社を減らす」という決断は勇気がいるものですが、 …

今週の「減らす」決断(2015年9月14日~9月18日)

平成27年9月14日~9月18日の適時開示情報をもとに、 「子会社を減らす」決断をした事例をご紹介いたします。 はじめに 今週は2件の事例をご紹介させていただきます。 「子会社を減らす」という決断は勇気がいるものですが、 …

【事例】ゼビオ株式会社②

※前回の「ゼビオ株式会社」開示事例の続きです。 Review 今回は、ゼビオ株式会社を 事例として取り上げさせていただきました。 いかがでしたでしょうか? 個人的には、以前より とても興味深い開示内容だと感じていましたの …

Vol.118 グループ経営の見える化の出発点

グループ経営を見える化するためには、 グループベースで業務フローを作成することが その第一歩であることは、 前回お伝えさせていただきました。 そして、 このような業務フロー作成が 形骸化しないために意識すべきポイントとし …

【コラム】 No.2(経営参謀、右腕、番頭、…)を考える

企業は経営者で決まる、 とよく言われますが、 これはおそらくその通りだと思っています。 一方で、 経営者の傍で、 黒子として活躍する 「経営参謀」 「右腕」 「番頭」 と呼ばれるNo.2の存在もまた、 永続企業を目指すに …

Vol.117 グループ経営のモヤモヤ感を無くすためには

複数の会社を経営していると、 グループの全体像を把握するのは やはり簡単ではありません。 数値把握も難しくなりますが、 現場で何が起きているかを、 タイムリーかつ正確に把握するのが 難しくなります。 この点は、 どれだけ …

Vol.115 成功しているグループ経営者とは?

私はこれまで、 連結決算の仕組み作りの 支援を実施してきました。 ひと言で 「連結決算の仕組み」 といっても、 そのニーズは各社様々です。 「連結グループの業務改革をしたい」 「連結グループ組織再編をしたい」 「連結グル …

Vol.113 グループ経営資源の見える化⑥(在庫2/3)

前回の 「Vol.112 グループ経営資源の見える化⑤(在庫1/3)」 において、 グループ在庫に関連する 以下のような問題点について お伝えさせていただきました。 <よくある問題> (1)グループの全体の在庫情報が共有 …

Vol.112 グループ経営資源の見える化⑤(在庫1/3)

一般的によく表現される 経営資源として、 「人・モノ・お金・情報」 といったものがあります。 今回はこのなかで、 主に、 「モノ」 に該当するであろうテーマについて、 確認をしてみたいと思います。 いわゆる 「商品」「製 …

Vol.111 グループ経営資源の見える化④(ITシステム)

現代の経営は、 ITシステム無しでは成り立たないでしょう。 間違いなく、 ITシステムは「重要な経営資源」と 言ってよいでしょう。 但し、 有効に活用すれば、 とてつもなく効果を発揮するのが、 ITシステムですが、 活用 …

Vol.110 グループ経営資源の見える化③(仕入先・外注先)

経営をするあたって 顧客の重要性について、 誰もが意識するテーマです。 グループ顧客名簿という視点でも、 「Vol.109 グループ経営資源の見える化②(顧客名簿2/2)」 でお伝えさせていただきました。 一方で、 仕入 …

Vol.108 グループ経営資源の見える化①(顧客名簿1/2)

グループ経営者として 適切な経営判断をしていくうえで、 「グループ経営資源の現状把握」 が大切である旨を、 前回お伝えさせていただきました。 (参照:Vol.107 グループ経営資源を見える化できていますか?) 正確な現 …

Vol.105 機能別グループ会社と連結決算管理

グループ経営を進めていくうえで、 多くの会社が行きつく形として、 「機能別」にグループ会社化していくデザインです。 たとえば、 ・販売部門と製造部門を別会社にする ・物流子会社を作る ・間接部門を集約してシェアードサービ …

Vol.103 地域別グループ会社と連結決算管理

地域別にグループ会社化している場合の 連結決算の管理体制について、 今回は確認をしてみたいと思います。 まず、 「地域別にグループ会社化する場合」 とはどのような場合になるのでしょうか? ありそうで、意外と無いのが、 こ …

Vol.101 グループ企業を「減らす」視点も忘れずに

グループ経営を実践されている会社から よく相談される質問として、 「新しく会社を作りたい」 「新しく会社を買いたい」 といった類のものがあります。 経営者であれば、 いつでも事業拡大について 前向きに考えているものです。 …

Vol.99 強いグループ会社にするための仕組み

本当に強い会社は、 きちんとした「仕組み」を持っています。 仕組みといっても いろいろな仕組みが考えられますが、 もっとも会社を強くする仕組みの1つとして、 「習慣化」 するための仕組みが挙げられます。 個人でも レベル …

Page 1 / 212

キーワードで検索

キーワードで検索

人気記事ランキング(月間)

  • facebook
Powered by 連結グループ経営研究所