社長を支える「グループ経営の裏方」機能を作ることができれば、グループ経営が面白くなる!
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • ホールディングス機能

ホールディングス機能

【事例】株式会社アルデプロ

※株式会社アルデプロより適時開示されている「持株会社体制への移行検討に関するお知らせ(平成30年5月15日)」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行の検討開始 開示概要 ●平成30年5月15日開催の取 …

Vol.226 なぜ「ホールディングス化」を希望されるのですか?

ホールディングスへの興味 このサイトはグループ経営を中心にした内容にしつつ、 その主要な役割として 「ホールディングス経営」 という視点にフォーカスして、 記載をしていることが多いです。 そのため、 個別に相談に来ていた …

Vol.223 M&A戦略におけるホールディングカンパニーの役割

M&A 最近は日本マーケット縮小・競争激化のなか、 各社が新規事業・周辺事業への進出へ積極的です。 そのなかで手っ取り早いのが、 やはり「M&A」ではないでしょうか。 最近のM&A市場も 相変わら …

Vol.222 中間持株会社は必要?

中間持株会社はなぜ必要? ホールディングス化事例のなかでも、 何回か取り上げたこともあるのですが、 今回は「中間持株会社」について取り上げてみたいと思います。   持株会社という概念は比較的わかりやすい気がしま …

Vol.219 ホールディングス経営のメリット(勝手な持論)

ホールディングス化のメリットとは? 先日、ある経営者から、 「ホールディングス化する一番のメリットって何なんでしょうか?」 と聞かれました。 その経営者の方とは初めてお会いしたのですが、 私が自己紹介する際に、 「ホール …

【事例】クオール株式会社

※平成29年9月21日にクオール株式会社より適時開示されている「持株会社体制への移行に関するお知らせ 」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行 開示概要 ●平成29年9月21日開催の取締役会において、 …

Vol.218 グループ本社の機能(コーポレートセンターとサービスセンター)

グループ本社機能 最近のグループ経営の現場では、 グループ本社機能の強化がテーマになることが増えてきました。 本社部門として要求される業務レベルは上がっていますが、 一方で、どうしてもコスト削減を要求されがちな部門でもあ …

【事例】株式会社サダマツ

※平成29年9月12日に株式会社サダマツより適時開示されている「持株会社体制への移行に関するお知らせ 」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行 開示概要 ●平成29年9月12日開催の取締役会において、 …

【研究】判例をもとに経営指導料の妥当性を確認(1/2)

前回の続き(グループ内取引の経済合理性) 前回の投稿では、 「Vol.215 グループ内取引の経済合理性とは?」 という内容で書かせていただきましたが、 その続きとして、今回は、 「東京地裁 平成12年2月3日 法人税( …

Vol.214 グループ成長を左右するホールディングカンパニー人材の成長

グループ全体の調整機能 ホールディングス化の大きな目的には、 ———————————&# …

【事例】みらかホールディングス株式会社

※平成29年3月13日にみらかホールディングス株式会社より適時開示されている「子会社の株式移転による中間持株会社設立に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 中間持株会社の設立 開示概要 ●平成29年3月1 …

【事例】株式会社ダイヤモンドダイニング

※平成29年3月9日に株式会社ダイヤモンドダイニングより適時開示されている「会社分割による持株会社体制への移行及び子会社(分割準備会社)の設立に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行 …

Vol.207 はじめてのホールディングス経営は不安?

なぜホールディングス移行が増えているのか? 最近は、ホールディングス形態に移行される会社が 一段と増えてきたように思います。 経営者は、常日頃、 最適な組織デザインを試行錯誤していくものですが、 最近は、なぜホールディン …

Vol.204 グループ経営管理機能の役割

グループ経営管理機能とは? 複数の会社を経営していく中で、 「グループ経営管理機能」 を有しているかどうかは、 グループ全体が成長していくうえで、 とても重要なポイントになります。   グループ経営管理機能とい …

Vol.200 グループ会社を管理するのは誰?(2/2)

「個の力」から「組織の仕組み」へ   グループ会社管理を、 「個の力」に頼るステージから 「組織の仕組み」で行うステージへ   前回は、 グループ経営の初期ステージから 成長拡大・安定期といった各ステ …

Vol.195 グループ全体最適の実現に必要な2つのモノ

連結グループ経営 vs 複数会社経営   連結グループ経営は、 「グループ全体最適」 複数会社経営は、 「グループ個社最適」   今回のテーマは「グループ全体最適」についてです。 「全体最適で物事を考 …

【事例】SFPダイニング株式会社

※平成28年7月28日にSFPダイニング株式会社より適時開示されている「持株会社体制への移行に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行 開示概要 ●平成28年7月28日開催の取締役会にお …

Vol.191 グループ内の横串管理をするために必要な視点とは?

横串管理 グループ経営において、 強化していきたい項目として、 「横串管理」 の視点があります。 つまり、 グループ各社の業務を標準化したり、 グループ各社を同じ視点で管理したり、 といったことです。   複数 …

【コラム】ホールディングスと資産管理会社

ホールディングスの分類 前回の「クスリのアオキ社」の記事の続きとして、 ホールディングスや資産管理会社の考え方について、 今回は書いてみたいと思います。   ホールディングス経営については、 いくつかの切り口で …

Vol.189 ホールディングスでM&Aに上手く対応できるようになる?

ホールディングス化の目的 先週は、英国の選挙で、 EU離脱という結果になりました。 最後には、 「EU残留」という結果になると予想していたため、 個人的には、とても意外でしたが、 一方で今後の経済がどうなっていくか、 不 …

【参考】平成27年純粋持株会社実態調査③-売上高の内容-

ホールディングスの売上 経済産業省から公表されている 「平成27年純粋持株会社実態調査」 について、前回、前々回とお伝えさせていただきました。 せっかくの機会ですので、 今回も当調査の内容のうち、 個人的に興味深いテーマ …

【参考】平成27年純粋持株会社実態調査②-機能類型-

ホールディングス機能 前回は「平成27年純粋持株会社実態調査」の 概要についてお伝えさせていただきました。 今回は、その補足的な意味も込めて、 個人的に興味深いテーマについて、 私なりに確認した結果をお伝えできればと思い …

Vol.182 グループ戦略におけるホールディングカンパニーの役割は?

ホールディングカンパニーとグループ経営戦略 ホールディングス経営は グループ経営を「専門化」する グループ組織デザインだと言えます。 ホールディングカンパニーが グループの経営を戦略的に実践していく、 ということになりま …

Vol.181 「グループ業務フロー」の作り方は?

グループ業務フロー作成の目的 前回の記事である 「(Q22)ホールディングス化で本当に「経営人材育成」はできるのか?」 の続きとして、今回は書かせていただきます。 テーマは、 「ホールディングカンパニーとして、 どのよう …

【事例】株式会社フェローテック

※平成28年4月15日に株式会社フェローテックより適時開示されている「会社分割による持株会社体制移行及び子会社新設(分割準備会社)の概要に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行 分割準 …

Vol.179 ホールディングス化で経営資源の最適配分は可能?

グループ経営資源の最適配分 ホールディングス化の目的の1つとして、 よく挙げられるのが、 「グループ経営資源の最適配分」 という目的です。   言葉だけ聞くと、 とても大切な目的だと思うのですが、 本当にホール …

【事例】朝日放送 株式会社

※平成28年3月4日に朝日放送株式会社より適時開示されている「会社分割による放送関連事業の中間持株体制への移行および新会社設立について」をもとに情報を整理しています。 内容 中間持株体制への移行 開示概要 ●平成28年3 …

【事例】日本コンベヤ③(NCホールディングス株式会社)

※平成28年4月1日にNCホールディングス株式会社より適時開示されている「「NCホールディングス株式会社」設立および持株会社体制移行後のグループ経営体制のお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 ホールディングス化 …

【事例】株式会社 幸楽苑ホールディングス③(ホールディングス化後の取組み)

※平成28年3月31日に株式会社幸楽苑ホールディングスより適時開示されている「中期経営計画策定に関するお知らせ ~ チャレンジ555(ゴー・ゴー・ゴー) ~」をもとに情報を整理しています。 ホールディングス化後のチャレン …

【事例】株式会社SCREEN ホールディングス

※平成28年3月25日に株式会社SCREEN ホールディングスより適時開示されている「会社分割に伴う準備会社の設立および分割契約の締結(簡易吸収分割)に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 会社分割に伴う …

Vol.177 グループシナジーが発揮される形になっていますか?

グループ経営における「シナジー効果」 複数会社経営と 連結グループ経営は違う、 と私は考えています。   たとえば、 グループ全体としての企業価値を高めたり、 グループ全体最適を目指したり、 という視点において …

【事例】株式会社サッポロドラッグストアー

※平成28年3月24日に株式会社サッポロドラッグストアーより適時開示されている「純粋持株会社制への移行に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 純粋持株会社制への移行 開示概要 ●平成28年3月24日開催の …

Vol.176 グループ数値が何種類も存在していませんか?

数値の一元管理の難しさ 会社のなかには、 いろいろな情報がありますが、 そのなかにはさらに いろいろな「数値情報」があります。 ・売上高数値 ・仕入高数値 ・在庫量 ・各種回転期間数値   挙げだすときりがあり …

Vol.175 「グループ経営」の責任は誰が負っていますか?

取締役の責任は? 会社が大きくなってくると、 複数名の取締役で会社経営をしていく 組織になっていくと思います。 通常「取締役」というと、 会社の経営者の1人であり、 経営全般的に責任を負う1人となります。   …

【事例】株式会社クレオ

※平成28年3月4日に株式会社クレオより適時開示されている「グループ組織再編の検討開始に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 グループ組織再編の検討開始 開示概要 ●平成28年3月4日開催の取締役会におい …

【研究】 経営指導料のポイントを「移転価格制度」を参考に考察③

前回までの復習 今回も、 前回からの続きとなります。 前回までは、 ●経営指導料等の「親子間役務提供」が認められる場合とは? ●考え方として「移転価格」の規定が1つの参考になるのでは? ●そこで、「移転価格事務運営要領」 …

【研究】 経営指導料のポイントを「移転価格制度」を参考に考察②

前回の復習 前回の続きをお伝えさせて いただきたいと思いますが、 少しだけ前回の復習をさせていただきます。   <前回の復習> ●経営指導料等の「親子間役務提供」が認められる場合とは? ●考え方として「移転価格 …

Vol.164 経営指導は誰のため?

経営指導は誰のため? 前回の続きとして、 「経営指導料」 について書いていきたいと思います。 そもそも経営指導料の前提となる 「経営指導」とは、 誰が必要としているものなのでしょうか?   普通に考えると、 経 …

Vol.161 ホールディングカンパニーに求められる人材とは?

ホールディングカンパニーの「本業」 ホールディングカンパニーの「本業」は、 (A)子会社の事業成長支援 (B)グループ全体の調整 といったことを通じて「グループ経営」を 実践していくことです。 つまり、 「『グループ経営 …

Vol.160 サーバント・リーダーシップとホールディングスに親和性はある?

ホールディングス化の3大目的 ホールディングス化する会社が その目的として必ずと言ってよいほど挙げる 項目があります。 それは、 ——————&#8 …

Vol.159 グループ経営に必要なサーバント・リーダーシップとは?

サーバント・リーダーシップとは? サーバント・リーダーシップとは、 いったいどのようなリーダーシップなのでしょうか? 1つの定義として、 「リーダーである人は、まず相手に奉仕し、 その後相手(フォロワー)を導くものである …

Vol.157 トップの言葉を現場の隅々にまで届ける仕組み

先日の記事で、 サンフレッチェ広島の森保監督の マネジメントを参考にして、 書かせていただきました。 ポイントは、 ———————&#8 …

Vol.155 多角化戦略とホールディングスの相性

多角化といっても、 いろいろな多角化があります。 多角化戦略については、 いろいろな分類をされることが多いですが、 大きく分けると、 ①「既存ノウハウ」を「別の市場」へ持ち込む ②「既存の市場」に「新たなノウハウ」を持ち …

Vol.139 これまでの記事を、ここで一度整理してみたいと思います(3/3)

前回、参考として これまでの記事のいくつかを 下図の4分類に振り分けてみました。 今回は、補足として、 ①~④についてのポイントを お伝えさせていただきます。   最初に①②ですが、 これはどのようなグループ組 …

Vol.135 ホールディングカンパニーにシェアードサービス機能を置く

グループ経営をデザインする際に、 シェアードサービス機能を埋め込む場合には、 大きく2つのデザインがあります。 前回ご紹介した通り、 ①ホールディングカンパニーにシェアードサービス機能を置く ②シェアードサービス機能を持 …

Vol.120 ホールディングカンパニーにはどこまで業務を残すべき?

グループ経営の形を ホールディングス経営に移行する際に 悩むことがあります。 それは、 ホールディングカンパニーに どこまでの業務を残すべきか、 という点です。 一般的には、 ホールディングカンパニーには、 グループ統括 …

【事例】ゼビオ株式会社②

※前回の「ゼビオ株式会社」開示事例の続きです。 Review 今回は、ゼビオ株式会社を 事例として取り上げさせていただきました。 いかがでしたでしょうか? 個人的には、以前より とても興味深い開示内容だと感じていましたの …

【事例】ゼビオ株式会社①

以前より取り上げてみたいと思っていた ゼビオ株式会社のグループ経営に対する取組み事例を 今回はご紹介したいと思います。 ご紹介にあたっては、 同社の適時開示資料内容をもとに、 加工・編集をさせていただいております。 20 …

Vol.119 グループ経営の見える化の天敵は?

グループ経営を見える化するためには、 グループベースで業務フローを作成することが その第一歩であることは、 「Vol.117 グループ経営のモヤモヤ感を無くすためには」 で、お伝えさせていただきました。 そして、 このよ …

【コラム】 No.2(経営参謀、右腕、番頭、…)を考える

企業は経営者で決まる、 とよく言われますが、 これはおそらくその通りだと思っています。 一方で、 経営者の傍で、 黒子として活躍する 「経営参謀」 「右腕」 「番頭」 と呼ばれるNo.2の存在もまた、 永続企業を目指すに …

Vol.117 グループ経営のモヤモヤ感を無くすためには

複数の会社を経営していると、 グループの全体像を把握するのは やはり簡単ではありません。 数値把握も難しくなりますが、 現場で何が起きているかを、 タイムリーかつ正確に把握するのが 難しくなります。 この点は、 どれだけ …

【コラム】経営指導料の算定方法

はじめに よく議論になるテーマとして、 「経営指導料の金額」 があります。 とくに 同一グループ内で発生する 経営指導料は注意が必要です。 外部の第三者に支払うのであれば、 サービスに見合った金額が 支払われることが想定 …

Vol.105 機能別グループ会社と連結決算管理

グループ経営を進めていくうえで、 多くの会社が行きつく形として、 「機能別」にグループ会社化していくデザインです。 たとえば、 ・販売部門と製造部門を別会社にする ・物流子会社を作る ・間接部門を集約してシェアードサービ …

【コラム】あのグーグルもホールディングス化

先日(2015年8月12日)の 日本経済新聞で、 「グーグルのホールディングス化」 の記事が掲載されていました。 持株会社として、 「アルファベット」 という会社を設立するとのこと。 社名については、 商標的な点でクリア …

Vol.100 なぜホールディングスで組織習慣を作れるのか?

前回の記事で、 グループ全体で「良い組織習慣」を作るためには、 ホールディングス経営が効果的である、 とお伝えさせていただきました。 今回は、 その補足をさせていただきます。 まず、 ホールディングス経営と一口に言っても …

Vol.99 強いグループ会社にするための仕組み

本当に強い会社は、 きちんとした「仕組み」を持っています。 仕組みといっても いろいろな仕組みが考えられますが、 もっとも会社を強くする仕組みの1つとして、 「習慣化」 するための仕組みが挙げられます。 個人でも レベル …

Vol.98 社長として、社員から尊敬され、信頼される、ホールディングス経営の仕組み

経営者として、 社員から尊敬され、信頼されること。 これは、 経営をしていくうえで 不可欠な要素だと思っています。 そこで本日は、 グループ経営者のために、 社員から尊敬され、信頼されるための 「ホールディングス」活用の …

Vol.97 社員が辞めないために「ホールディングス」を活用

今年は8月1日より 大企業を中心とした就職活動が 解禁されたようです。 少子高齢化社会において 労働人口が減少していく傾向の中で、 最近の景気回復のより、 人手不足感が深刻になってきました。 正社員化を加速させる企業も増 …

Vol.96 グループ「経営参謀」としてのホールディングカンパニー

会社が大きくなり、 社員数も増えてくると、 物理的に、 社長の目が行き届かなくなってきます。 どれだけスーパーマン社長であっても 規模拡大に伴って生じる このような症状は避けられません。 さらに、 グループ会社が 1社、 …

Vol.95 結局、ホールディングス移行で良くなったのか?

上場会社の場合、 「ホールディングス化の目的」 が開示されています。 一方で、 未上場会社の場合は、 正確な実態はわかりません。 未上場会社の場合は、 おそらく「節税」目的による事例も そこそこあるように推測されます。 …

Vol.94 ホールディングカンパニー人材=社内コンサルタント?

私はコンサルタントとして 企業のサポートをしていますが、 コンサルティングに対する考え方は 経験を重ね、歳を重ねるごとに 変わってきました。 昔は、 出来る限り自分で手を動かし、 自分で完璧と思われる仕組みを作ってあげる …

Vol.93 トップセールスマンだからこそホールディングスへ

連結グループ経営における グループ内のシナジー効果には、 ①プラスを伸ばすシナジー ②マイナスを削減するシナジー の2つの方向性があります。 どちらも重要なシナジーですが、 経営者としてより興味があるのは、 「①プラスを …

Vol.92 グループ内に「シナジー」を生み出すためには?

強いグループ企業は、 グループ各社が有機的に連動しています。 そして、 この連動のなかで、 「連結グループシナジー」 が生まれています。 つまり、 「1+1>2」 のグループ経営になっているのです。 このような 連結グル …

Vol.86 ホールディングスとポジショニング戦略

経営戦略において、 もっとも重要な戦略の1つが 「ポジショニング戦略」 だと考えています。 いろいろな戦略論や マーケティング手法がありますが、 それらが効果を発揮するかどうかは、 この「ポジショニング」にかかっている、 …

Vol.82 グループ顧客戦略②

経営を実践するにあたって、 顧客の定義を明確にすることの大切さは、 改めてお伝えするまでもないと思います。 経営で重要な要素は、 「誰に」「何を」「どのように」 提供するかです。 このうちの「誰に」の部分が 「顧客」 と …

Vol.76 ホールディングカンパニーの絶妙な立ち位置

ホールディングス経営のカタチにも 様々あると思いますが、 私が1つイメージしている形が、 「(オーナー)社長⇔ホールディングカンパニー⇔各事業」 といった形です。 この形のうち、 「社長」と「各事業」の部分を、 機能・役 …

Vol.75 オーナー経営から脱却した先にあるホールディングス経営

ホールディングス化のメリットの1つとして 「オーナー経営から組織的経営への移行に活用できる」 が挙げられることがあります。 (Vol.72参照) ここでいう「オーナー経営」という表現も 少し曖昧ではありますが、 私なりに …

Vol.74 後継者育成のためのホールディングスの仕組み

経営者として悩みが多い問題として、 よく耳にするのが、 「後継者育成」 です。 後継者がいなくて廃業したり、 事業売却する事例も多くなってきています。 一方で、 ホールディングスのメリットとして、 「後継者育成ができる」 …

Vol.72 ホールディングス化のメリット(一般論)

グループ経営のカタチの1つとして、 ホールディングス経営があります。 私としては、 ホールディングス化することで、 グループ経営の可能性を広げられると思っていますし、 その考えをこれまでもお伝えしてきています。 但し、 …

Vol.67 グループ会社の情報が「集まる」仕組みへ

連結決算の仕組みにおいて、 グループ各社の情報を集める仕組みを 構築することの重要性については、 「Vol.66 グループ会社の情報を「集める」仕組み」 においてもお伝えさせていただきました。 グループ経営を行っていくう …

Vol.65 これからのホールディングス経営の形は?

純粋持株会社形態が解禁されて以来、 ホールディングス型の経営が着実に増えています。 純粋持株会社というと もともとは財閥的な感じで、 いろいろな事業を手掛ける際に 活用されるイメージだったのだと思います。 少し前までは、 …

【事例】株式会社 幸楽苑②(考察)

幸楽苑がホールディングス経営に移行するということは、 事例として、【事例】幸楽苑①でも紹介しました。 平成27年5月8日に開示された 「持株会社体制への移行に伴う分割準備会社の設立、 吸収分割契約締結及び 定款一部変更( …

Vol.62 グループ顧客は見えていますか?

複数会社化の形にも いろいろな形がありますが、 よく見かける形の1つの例として、 販売機能と製造機能を分社している場合があります。 製販が分離されているケースです。 この製販分離型のグループ経営として、 ・販売会社⇒親会 …

Vol.58 連結決算の仕組みづくりの出発点

これまで、 連結決算の仕組みの考え方や必要性について、 書いてきました。 その意義自体は、 ご理解いただけたのではないかと思います。 一方で、 「意義はわかったけれど、  具体的に仕組みはどのように作ればよいのか?」 と …

Vol.46 ホールディングカンパニーに求められる経営人材

最近、上場会社の 適時開示情報を見ていると、 ホールディングス経営に移行している事例が 本当に多いと感じます。 上場会社ではホールディングス化が 流行っているようです。 但し、 ホールディングス経営は 上場会社や大きな会 …

Vol.44 ホールディングスで全体像を見せる

ふだん企業へ問い合わせをしたときに、 「弊社は●●の会社で、 ▲▲はグループ会社で□□という会社があり、 そこで担当しています。」 といった感じで、 違う窓口へ案内をされる場合があります。 そして、 案内された別のグルー …

Vol.43 ホールディングスでグループ人材マネジメント

ホールディングス経営においては、 各事業の遂行を各事業子会社に任せます。 権限と責任を各事業子会社へ委譲し、 ホールディングカンパニーは、 グループの頭脳として、 グループ全体のマネジメントを実施します。 そして、各事業 …

Vol.42 ホールディングスでグループ顧客の見える化

複数会社化し、 グループ経営をしていると、 自然とグループ会社間での取引が増えてきます。 いわゆる「グループ内取引」です。 たとえば、 販売部門と仕入・製造部門を分社する形で、 2つの会社にした場合には、 もともと2つの …

Vol.41 ホールディングスで連結グループの資金マネジメント

企業が活動を行っていくにあたり、 お金の問題は避けて通れません。 会社によって、お金の管理の厳格さの程度には バラツキがありますが、 やはり着実に成長していく会社は、 お金の管理がきっちりされています。 但し、お金の管理 …

Vol.39 ホールディングスで「グループ組織知」づくり

グループ経営において、 出来の良い子会社と、そうでない子会社が 出てくるものです。 これは、業績的にもそうですし、 管理状況においてもそうです。 ある程度は仕方ないことですが、 この状態は放っておくのは好ましくありません …

Vol.38 ホールディングスの横串力とモノサシ作り

ホールディングス経営において、 各子会社から情報をきちんと吸い上げることが とても重要なテーマになります。 (詳細はVol.37もご参照ください) これは、ホールディングカンパニーの腕の見せ所です。 但し、各子会社の情報 …

Vol.37 複数会社の情報を吸い上げるには?

企業を複数会社化したときに よく問題になることがあります。 それは、 「情報をどのように吸い上げるか」 という点です。 とくに「数値」情報を集める仕組みをどのようにするかは、 複数会社経営において重要なテーマです。 たと …

Vol.36 現状把握のために必要なもの

ホールディングス経営を最大限に生かすために Vol.35のなかで、何よりも最初に、 「グループ全体の現状を正確に把握する仕組み」 の構築に取り組んでいただきたいと書かせていただきました。 それでは、この「現状を把握する仕 …

Vol.34 グループ経営における標準化に必要な視点

業務の標準化の視点について 前回(Vol.33)に引き続き、 もう少し書いてみたいと思います。 そもそも「標準化」の定義とは何でしょうか? また、その目的は何でしょうか? 「標準化」という言葉は、 改めて議論をしなくても …

Vol.33 ホールディングスで標準化を達成するには

ホールディングス経営において、 シェアードサービス機能は採用することは 重要な戦略の1つとなります。 それもホールディングカンパニーに シェアードサービス機能を採り入れていただくのが、 一番だと個人的には考えています。 …

Vol.32 ホールディングス × シェアードサービス=?

企業が複数会社化していけばいくほど、 間接部門のコストが増大する傾向があります。 間接部門のコストとは、 管理系の業務にかかるコストです。 たとえば、経理・総務・人事、 といったような機能が一般的でしょうか。 このような …

Vol.31 ホールディングスによるグループ経営戦略立案

連結グループ経営には、 従来型とホールディングス型の 2つに大きく分けられると思っています。 このうち、「従来型」の連結グループ経営とは、 メイン事業を有する親会社の経理部や企画部が 子会社の管理をする形態です。 一方で …

Vol.30 ホールディングスによるグループ経営管理

ホールディングス経営において、 グループの頂点になる会社が、 ホールディングカンパニーとなります。 つまり、グループ企業全体の 親会社的な立場です。 日本語表現としては、 持株会社とも表現されます。 このホールディングカ …

Vol.29 なぜホールディングス型の連結経営なのか?

日本では昔、 純粋なホールディングス形態が 認められていなかったこともあり、 ホールディングス形態が流行り出したのは、 比較的最近といえます。 まだまだホールディングス形態ではなく、 通常の事業会社が親会社となり、 その …

Vol.27 ホールディングス経営で仕組みづくり

企業が成長していく過程では、 どこかのタイミングで 社長が1人ですべてを把握しきれない 規模になってきます。 おそらく社員が10名を超えると、 社長自らが、 直接1人1人の社員に教えるような スタイルは難しくなると思いま …

Vol.26 ホールディングス経営に必要な右腕とキーパーソン

ホールディングス経営を実践していくためには、 事前のデザインが重要であることは 何度も書いてきました。 最初にデザインする必要があるのが、 ホールディングス経営の「形」です。 経営者にとっては、 勇気や覚悟のいる決断にな …

Vol.25 連結グループのデザインは必ず変わる

連結グループ経営にあたって、 最初の連結組織のデザインはとても重要です。 走りながら考える というスタイルも当然必要なのですが、 十分すぎるほどのデザインをしたうえで 走り始めなければ、 連結グループ内はグチャグチャにな …

Vol.24 子会社の成長

連結グループ経営を実践していくうえで、 グループのなかは、 親会社と子会社に分かれていきます。 もともと1つの会社で実施していた事業を 子会社の方へ分社化して 親会社と子会社が分かれる場合もあります。 また、新規事業とし …

Vol.23 親(ホールディングス)の教育

たんに複数の会社を経営することと、 連結グループ経営は異なります。 企業として成長し、 拡大し、永続していくことを考えると 連結グループ経営の視点が重要です。 この連結グループ経営のなかで 重要な機能は「親の機能」です。 …

Vol.22 会社にも親子の関係

複数会社化をする際に、 大きく分けると、 ①オーナー個人が複数の会社を出資設立する場合 ②すでに存在する会社が出資して別会社を作る場合 の2通りがあります。 このうち①の場合に出来上がる各社のことを、 「兄弟会社」といっ …

Vol.21 連結グループ戦略と各社の戦略

複数会社化する目的は様々です。 社長がどのような思いで 会社を複数所有したいかです。 小さな会社の場合、 このような質問をよくされます。 「会社を複数にした方が節税できると聞いたのですが・・・」 小さな会社が成長していく …

Vol.19 機能別に会社を分ける際の留意点

会社を複数に分けたり、 別会社を作ったりする際に 機能別に会社を分けるという考え方があります。 小さな会社や中小企業の場合、 新規事業ために別会社を作るケースが 多いかもしれません。 一方で、 企業が成長し、大きくなるに …

Vol.13 ホールディングス化のメリットとデメリット(経営管理面)

連結グループ経営を実践していくにあたって ホールディングス経営が有効であると これまでも書いてきました。 基本的な考え方は 小さな会社であっても同じです。 ホールディングカンパニーが グループ全体をコントロールし、 グル …

Vol.12 連結グループ経営の決意

初めて複数会社化を考える社長で ホールディングス化を選択肢に入れるケースは ほとんどありません。 多くの場合、 すでにある会社を基盤に「子会社」として 別会社を作るケース、 もしくは、 ご自身が新たに出資設立して 別の会 …

Vol.5 小さな会社こそホールディングス化

一般的に「ホールディングス」というと、 大きな会社や、多数のグループ会社を持っている規模を イメージされることが多いのではないでしょうか。 正確な統計はありませんが、 おそらく実態も、 このイメージ通りなのではないかと思 …

Page 1 / 212

キーワードで検索

キーワードで検索

人気記事ランキング(月間)

  • facebook
Powered by 連結グループ経営研究所