社長を支える「グループ経営の裏方」機能を作ることができれば、グループ経営が面白くなる!
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • 標準化

標準化

Vol.224 グループ管理部門の業務標準化を実現するには?

久々の更新 最近は日々の業務に追われ、 なかなか記事を書く時間をとれていませんでした。 更新頻度が一度落ちてしまうと、 なかなか元に戻すのも難しいものだなぁと感じつつ、 反省をしていることですが、 なんとか更新頻度をこれ …

Vol.208 連結決算業務は「仕組み」が9割

ブラックボックス化しやすい連結決算 グループ経営に欠かせない業務の1つが 「連結決算業務」 です。   連結決算というと、 立場によってイメージされるものが違うかもしれません。 ただ、共通してイメージされている …

【コラム】これからの「会計」と「働き方」について考える

今年の働き方 「今年は仕事を効率化して、  長時間労働は極力少なくしていこう」 このような決意をもって臨んだ今年ですが、 年始から仕事漬けの日々になっています・・、反省です。   私の場合、 基本的には自分で時 …

Vol.204 グループ経営管理機能の役割

グループ経営管理機能とは? 複数の会社を経営していく中で、 「グループ経営管理機能」 を有しているかどうかは、 グループ全体が成長していくうえで、 とても重要なポイントになります。   グループ経営管理機能とい …

Vol.202 海外子会社とIFRSの関係は?

海外子会社 グループ経営といっても、 国内だけのグループ経営か、それとも、 海外子会社まで含めたグループ経営かで、 その経営の難しさは大きく異なります。 海外子会社を保有されている経営者にとっては、 習慣や文化の違いや言 …

Vol.196 グループ経営者に必須な「横串管理」の視点

連結グループ経営 vs 複数会社経営   連結グループ経営は、 「ヨコの関係も意識する」 複数会社経営は、 「タテの関係のみ意識する」   今回のテーマは「グループ経営における横串管理」についてです。 …

Vol.191 グループ内の横串管理をするために必要な視点とは?

横串管理 グループ経営において、 強化していきたい項目として、 「横串管理」 の視点があります。 つまり、 グループ各社の業務を標準化したり、 グループ各社を同じ視点で管理したり、 といったことです。   複数 …

Vol.187 これからの「連結パッケージ」のあり方とは?

グループ経営管理目的の「連結パッケージ」 今回は、前回の続きで お伝えさせていただきたいと思います。 テーマは、 「グループ経営管理目的で  連結パッケージを作って、活用していくためには  どうすれば良いのか?」 という …

Vol.186 連結パッケージはどのように作る?

はじめての連結パッケージ 連結決算の仕組み導入期において、 よく質問されたり、 お願いされたりするテーマが 「連結パッケージ」 についてです。   連結パッケージとは、 連結決算を行うにあたって必要な情報を 各 …

Vol.174 「業務の標準化」は現場に受け入れられていますか?

業務の標準化 会社規模大きくなってくると、 どうしても「仕組み」で経営をしていくことを 目指すステージがやってくるものです。 社員がバラバラに動いていては、 組織全体の生産性が悪くなってしまうからです。 そのようななかで …

Vol.156 多角化戦略を支えるシェアードサービス

これまで、 多角化について、 ・連結決算の必要性(Vol.154) ・ホールディングスとの相性(Vol.155) に関することをお伝えしてきました。 今回は、 連結決算、ホールディングスと並んで 「多角化三種の神器」の最 …

Vol.139 これまでの記事を、ここで一度整理してみたいと思います(3/3)

前回、参考として これまでの記事のいくつかを 下図の4分類に振り分けてみました。 今回は、補足として、 ①~④についてのポイントを お伝えさせていただきます。   最初に①②ですが、 これはどのようなグループ組 …

Vol.130 業務のつなげ方のポイント

業務の棚卸を実施して、 各社員の業務を見える化した後の 「業務フロー化することの大切さ」 について、 前回はお伝えさせていただきました。 そこで今回は、 業務フロー化の際に悩む論点について、 少し補足させていただきます。 …

Vol.128 「仕組み=個人の意志に頼らない」

これまで、 ——————————————&#8212 …

Vol.127 完璧主義社長のための「3段跳び」思考

これまで、 ——————————————&#8212 …

Vol.126 グループ社員の主体性

これまで、 ——————————————&#8212 …

Vol.125 失敗しない「見える化」の3つのポイント

シェアードサービスに取り組む出発点は、 「自社業務の棚卸」 であることを前回お伝えさせていただきました。 つまり、 「現状の業務の見える化」 が最初に必要だということです。 経営の鉄則は、 「正しい現状把握無くして、 正 …

Vol.124 独自性のあるシェアードサービスの出発点とは?

前回の記事で、 中小企業がシェアードサービス化に 取り組むための最優先目的を 「業務標準化」 であるとお伝えさせていただきました。 業務の標準化ができた先には いろいろな可能性が存在します。 ただ、 最初からいろいろなメ …

Vol.123 中小企業の「シェアードサービス化」の順序

シェアードサービスのメリットについては、 前回お伝えさせていただきました。 シェアードサービス化を目指す場合、 短期的な非効率・混乱は 避けられないと思われます。 一方で、 いろいろなメリットがあるため、 覚悟をもって、 …

Vol.121 中小企業がシェアードサービスを活用すれば、売上が1ケタ上がる

グループ経営にとって シェアードサービス機能が有効であることは 「Vol.120 ホールディングカンパニーにはどこまで業務を残すべき?」 でも持論をお伝えさせていただきました。 ただ、 「シェアードサービス=大会社が実践 …

Vol.103 地域別グループ会社と連結決算管理

地域別にグループ会社化している場合の 連結決算の管理体制について、 今回は確認をしてみたいと思います。 まず、 「地域別にグループ会社化する場合」 とはどのような場合になるのでしょうか? ありそうで、意外と無いのが、 こ …

Vol.94 ホールディングカンパニー人材=社内コンサルタント?

私はコンサルタントとして 企業のサポートをしていますが、 コンサルティングに対する考え方は 経験を重ね、歳を重ねるごとに 変わってきました。 昔は、 出来る限り自分で手を動かし、 自分で完璧と思われる仕組みを作ってあげる …

Vol.69 グループ内共通言語としての連結パッケージ

グループ経営を実践し、 強いグループ組織にしていくには、 連結決算の仕組みが必要であることは、 これまでもお伝えしてきました。 「Vol.68 海外進出と連結決算の仕組み」では、 海外展開をしていくうえでも、 連結決算の …

Vol.66 グループ会社の情報を「集める」仕組み

連結決算の仕組みにおいて、 グループ各社の情報を集めることは、 とても重要なポイントと言えます。 グループの状況がよく見えづらいと思っている社長には、 是非、このポイントを意識していただきたいと思います。 グループ経営に …

Vol.61 子会社の決算日はいつにするべきか?

新たに別会社を作ろうとしている社長や、 複数会社経営を始めようとしている社長から、 よくこののような質問をされます。 「子会社の決算期をいつにしたらよいですか?」 この質問は本当に多いです。 海外では決算期を自由に決めら …

Vol.37 複数会社の情報を吸い上げるには?

企業を複数会社化したときに よく問題になることがあります。 それは、 「情報をどのように吸い上げるか」 という点です。 とくに「数値」情報を集める仕組みをどのようにするかは、 複数会社経営において重要なテーマです。 たと …

Vol.34 グループ経営における標準化に必要な視点

業務の標準化の視点について 前回(Vol.33)に引き続き、 もう少し書いてみたいと思います。 そもそも「標準化」の定義とは何でしょうか? また、その目的は何でしょうか? 「標準化」という言葉は、 改めて議論をしなくても …

Vol.33 ホールディングスで標準化を達成するには

ホールディングス経営において、 シェアードサービス機能は採用することは 重要な戦略の1つとなります。 それもホールディングカンパニーに シェアードサービス機能を採り入れていただくのが、 一番だと個人的には考えています。 …

Vol.32 ホールディングス × シェアードサービス=?

企業が複数会社化していけばいくほど、 間接部門のコストが増大する傾向があります。 間接部門のコストとは、 管理系の業務にかかるコストです。 たとえば、経理・総務・人事、 といったような機能が一般的でしょうか。 このような …

キーワードで検索

キーワードで検索

人気記事ランキング(月間)

  • facebook
Powered by 連結グループ経営研究所