社長を支える「グループ経営の裏方」機能を作ることができれば、グループ経営が面白くなる!
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • シェアードサービス

シェアードサービス

Vol.218 グループ本社の機能(コーポレートセンターとサービスセンター)

グループ本社機能 最近のグループ経営の現場では、 グループ本社機能の強化がテーマになることが増えてきました。 本社部門として要求される業務レベルは上がっていますが、 一方で、どうしてもコスト削減を要求されがちな部門でもあ …

Vo.209 なぜシェアードサービス化が難しいのか?

シェアードサービス グループ経営の現場では、 しばしば「シェアードサービス」について、 議論が上がることがあります。   グループで機能・業務をシェアすることで、 グループ全体での効率化を図るという趣旨だと思い …

【事例】サイオステクノロジー株式会社

※平成28年12月26日にサイオステクノロジー株式会社より適時開示されている「会社分割による持株会社体制移行及び子会社(分割準備会社)の設立に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行 開 …

Vol.183 シェアードサービスによる「弊害」は?

グループ経営と重複業務 グループ会社が増えていくと、 自然と業務の重複や肥大化が 生まれてくるため注意が必要です。   グループ会社が複数できていくなかで、 いったん生まれた業務は なかなか消滅しづらい特性があ …

【事例】わらべや日洋株式会社

※平成28年4月13日にわらべや日洋株式会社より適時開示されている「会社分割による持株会社体制への移行、当該移行に伴う分割契約の締結ならびに定款変更(商号および事業目的)に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 …

【事例】日本コンベヤ③(NCホールディングス株式会社)

※平成28年4月1日にNCホールディングス株式会社より適時開示されている「「NCホールディングス株式会社」設立および持株会社体制移行後のグループ経営体制のお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 ホールディングス化 …

Vol.171 シェアードサービス化していく前に押させておくべき点は?

シェアードサービス 前回の記事において、 連結決算業務において解決が難しい論点である、 ・勘定科目の統一 ・グループ内取引金額の一致 に取り組むためには、 シェアードサービスが有効である旨を お伝えしました。 &nbsp …

Vol.170 連結決算業務で解決が一番難しい論点とは?(2/2)

解決が難しいランキング1位は・・・ 前回に引き続き、 連結決算業務において 解決が難しい論点について お伝えしてみたいと思います。 今回は、 「解決が難しいランキング第1位」 についてです。   連結決算業務に …

Vol.156 多角化戦略を支えるシェアードサービス

これまで、 多角化について、 ・連結決算の必要性(Vol.154) ・ホールディングスとの相性(Vol.155) に関することをお伝えしてきました。 今回は、 連結決算、ホールディングスと並んで 「多角化三種の神器」の最 …

【事例】サッポログループのシェアードサービス②

税務研究会発行「経営財務/3233号/2015年10月26日」に掲載されている「特別誌上座談会 持株会社の経理実務」の記事をもとに情報を整理しております。 前回の記事で 前回の「【事例】サッポログループのシェアードサービ …

【事例】サッポログループのシェアードサービス①

中央経済社発行「企業会計/2007年3月号」に掲載されている「サッポログループにおけるシェアードサービス/山田良一(サッポロホールディングス株式会社ビジネスサポート統括部長)」の記事をもとに情報を整理しております。 ホー …

Vol.135 ホールディングカンパニーにシェアードサービス機能を置く

グループ経営をデザインする際に、 シェアードサービス機能を埋め込む場合には、 大きく2つのデザインがあります。 前回ご紹介した通り、 ①ホールディングカンパニーにシェアードサービス機能を置く ②シェアードサービス機能を持 …

Vol.134 シェアードサービス子会社のメリット&デメリット

グループ経営をデザインする際に、 シェアードサービス機能を埋め込む場合には、 大きく2つのデザインがあります。 前回ご紹介した通り、 ①ホールディングカンパニーにシェアードサービス機能を置く ②シェアードサービス機能を持 …

Vol.133 シェアードサービスをどのようにグループ経営に組み込むべきか?

これまで、 シェアードサービス化を 実現するにあたって必要となる 「現状の業務を見える化」 についてお伝えしてきました。 業務の見える化ができれば、 以下のような業務の特性に分類をして、 実際にシェアードサービス化する業 …

Vol.132 業務フローで「組織力」を見える化

これまで、いろいろな切り口で、 業務フローについて、 お伝えさせていただきました。 今回はその最後として、 「業務フローと組織力の関係」 について書いてみたいと思います。 前回は、業務フローを見える化したうえで、 インプ …

今週の「減らす」決断(2015年10月12日~10月16日)

平成27年10月12日~10月16日の適時開示情報をもとに、 「子会社を減らす」決断をした事例をご紹介いたします。 はじめに 今週は2件の事例をご紹介させていただきます。 「子会社を減らす」という決断は勇気がいるものです …

Vol.130 業務のつなげ方のポイント

業務の棚卸を実施して、 各社員の業務を見える化した後の 「業務フロー化することの大切さ」 について、 前回はお伝えさせていただきました。 そこで今回は、 業務フロー化の際に悩む論点について、 少し補足させていただきます。 …

Vol.129 シェアードサービスとバリューチェーンの関係

これまで、 シェアードサービス導入にあたって 不可欠な工程である「業務の棚卸」について、 いろいろとお伝えしてきました。 業務の棚卸を通じて、 各社員の業務が見える化されれば、 それをシェアードサービス化していくための …

Vol.128 「仕組み=個人の意志に頼らない」

これまで、 ——————————————&#8212 …

Vol.127 完璧主義社長のための「3段跳び」思考

これまで、 ——————————————&#8212 …

Vol.126 グループ社員の主体性

これまで、 ——————————————&#8212 …

今週の「減らす」決断(2015年9月28日~10月2日)~ワタミ特集~

平成27年9月28日~10月2日の適時開示情報をもとに、 「子会社を減らす」決断をした事例をご紹介いたします。 はじめに 今週は「ワタミ」の事例に特化して、 紹介させていただきます。 「子会社を減らす」という決断は勇気が …

Vol.125 失敗しない「見える化」の3つのポイント

シェアードサービスに取り組む出発点は、 「自社業務の棚卸」 であることを前回お伝えさせていただきました。 つまり、 「現状の業務の見える化」 が最初に必要だということです。 経営の鉄則は、 「正しい現状把握無くして、 正 …

Vol.124 独自性のあるシェアードサービスの出発点とは?

前回の記事で、 中小企業がシェアードサービス化に 取り組むための最優先目的を 「業務標準化」 であるとお伝えさせていただきました。 業務の標準化ができた先には いろいろな可能性が存在します。 ただ、 最初からいろいろなメ …

Vol.123 中小企業の「シェアードサービス化」の順序

シェアードサービスのメリットについては、 前回お伝えさせていただきました。 シェアードサービス化を目指す場合、 短期的な非効率・混乱は 避けられないと思われます。 一方で、 いろいろなメリットがあるため、 覚悟をもって、 …

Vol.122 シェアードサービスのメリット(一般論)

これまでも グループ経営における シェアードサービスの有効性については、 お伝えしてきました。 但し、あまり整理した形で お伝えできていませんでしたので、 今回は、改めて 「シェアードサービスのメリット」 についての一般 …

Vol.121 中小企業がシェアードサービスを活用すれば、売上が1ケタ上がる

グループ経営にとって シェアードサービス機能が有効であることは 「Vol.120 ホールディングカンパニーにはどこまで業務を残すべき?」 でも持論をお伝えさせていただきました。 ただ、 「シェアードサービス=大会社が実践 …

Vol.120 ホールディングカンパニーにはどこまで業務を残すべき?

グループ経営の形を ホールディングス経営に移行する際に 悩むことがあります。 それは、 ホールディングカンパニーに どこまでの業務を残すべきか、 という点です。 一般的には、 ホールディングカンパニーには、 グループ統括 …

Vol.67 グループ会社の情報が「集まる」仕組みへ

連結決算の仕組みにおいて、 グループ各社の情報を集める仕組みを 構築することの重要性については、 「Vol.66 グループ会社の情報を「集める」仕組み」 においてもお伝えさせていただきました。 グループ経営を行っていくう …

Vol.65 これからのホールディングス経営の形は?

純粋持株会社形態が解禁されて以来、 ホールディングス型の経営が着実に増えています。 純粋持株会社というと もともとは財閥的な感じで、 いろいろな事業を手掛ける際に 活用されるイメージだったのだと思います。 少し前までは、 …

Vol.41 ホールディングスで連結グループの資金マネジメント

企業が活動を行っていくにあたり、 お金の問題は避けて通れません。 会社によって、お金の管理の厳格さの程度には バラツキがありますが、 やはり着実に成長していく会社は、 お金の管理がきっちりされています。 但し、お金の管理 …

Vol.33 ホールディングスで標準化を達成するには

ホールディングス経営において、 シェアードサービス機能は採用することは 重要な戦略の1つとなります。 それもホールディングカンパニーに シェアードサービス機能を採り入れていただくのが、 一番だと個人的には考えています。 …

Vol.32 ホールディングス × シェアードサービス=?

企業が複数会社化していけばいくほど、 間接部門のコストが増大する傾向があります。 間接部門のコストとは、 管理系の業務にかかるコストです。 たとえば、経理・総務・人事、 といったような機能が一般的でしょうか。 このような …

キーワードで検索

キーワードで検索

人気記事ランキング(月間)

  • facebook
Powered by 連結グループ経営研究所