社長を支える「グループ経営の裏方」機能を作ることができれば、グループ経営が面白くなる!
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • ホールディングス

タグ : ホールディングス

【事例】橋本総業ホールディングス株式会社 & JKホールディングス株式会社

※平成29年2月7日に橋本総業ホールディングス株式会社とJKホールディングス株式会社より適時開示されている「橋本総業ホールディングス株式会社とJKホールディングス株式会社の共同持株会社設立(株式移転)による経営統合に向け …

【ご挨拶】あけましておめでとうございます(2017年の取組方針)。

あけましておめでとうございます あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。 当ブログ記事の方は、 週1回(or 2回)の更新を今年の目標に 記事を書いていきたいと思っています。   今 …

【事例】アプリックスIPホールディングス株式会社

※平成28年9月23日にアプリックスIPホールディングス株式会社より適時開示されている「子会社3社の共同株式移転による中間持株会社設立に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 中間持株会社設立 開示概要 ● …

Vol.195 グループ全体最適の実現に必要な2つのモノ

連結グループ経営 vs 複数会社経営   連結グループ経営は、 「グループ全体最適」 複数会社経営は、 「グループ個社最適」   今回のテーマは「グループ全体最適」についてです。 「全体最適で物事を考 …

Vol.191 グループ内の横串管理をするために必要な視点とは?

横串管理 グループ経営において、 強化していきたい項目として、 「横串管理」 の視点があります。 つまり、 グループ各社の業務を標準化したり、 グループ各社を同じ視点で管理したり、 といったことです。   複数 …

【コラム】ホールディングスと資産管理会社

ホールディングスの分類 前回の「クスリのアオキ社」の記事の続きとして、 ホールディングスや資産管理会社の考え方について、 今回は書いてみたいと思います。   ホールディングス経営については、 いくつかの切り口で …

Vol.189 ホールディングスでM&Aに上手く対応できるようになる?

ホールディングス化の目的 先週は、英国の選挙で、 EU離脱という結果になりました。 最後には、 「EU残留」という結果になると予想していたため、 個人的には、とても意外でしたが、 一方で今後の経済がどうなっていくか、 不 …

【参考】平成27年純粋持株会社実態調査③-売上高の内容-

ホールディングスの売上 経済産業省から公表されている 「平成27年純粋持株会社実態調査」 について、前回、前々回とお伝えさせていただきました。 せっかくの機会ですので、 今回も当調査の内容のうち、 個人的に興味深いテーマ …

【参考】平成27年純粋持株会社実態調査-平成26年度実績-

経済産業省の「純粋持株会社」調査 経済産業省が毎年、 純粋持株会社の実態調査を実施し、 その結果を公表しています。 持株会社(ホールディングス)の実態は、 あまり参考にできるものが多くないため、 このような調査資料は、 …

【コラム】正解を探して…、気づくこと

人気ブログ記事 気づけば、 このブログを始めて1年くらいが経ちました。 最初は自分のノウハウ整理の意味も込めて 書き始めました。   独立して小規模で事業をやっていると、 やはり1人で複数の範囲の業務はやってい …

Vol.156 多角化戦略を支えるシェアードサービス

これまで、 多角化について、 ・連結決算の必要性(Vol.154) ・ホールディングスとの相性(Vol.155) に関することをお伝えしてきました。 今回は、 連結決算、ホールディングスと並んで 「多角化三種の神器」の最 …

Vol.152 「観てあげる」仕組み

昨日の記事の 「【コラム】森保監督から学ぶこと②」 でも触れさせていただいた内容をもとに、 グループ経営における「観る」ことについて、 本日は書いてみたいと思います。 上記記事でもお伝えしましたが、 「社員を観てあげるこ …

Vol.151 グループ経営のボトルネックとは?

グループ経営のカタチは様々ですし、 経営者が試行錯誤し、カタチを変えながら、 理想のグループ組織デザインを追求していきます。 その形としては、 1つの法人のなかで事業部単位で分業したり、 別法人を立ち上げたり、 いろいろ …

Vol.137 これまでの記事を、ここで一度整理してみたいと思います(1/3)

グループ経営関連の専門記事として ここまで、いろいろな切り口でお伝えしてきました。 たとえば、 ・連結決算 ・ホールディングス ・シェアードサービス ・業務フロー ・グループ経営資源 ・グループ組織デザイン 等々。 テー …

【事例】株式会社 中央経済社

※平成27年10月20日に株式会社中央経済社より適時開示されている「会社分割による持株会社体制への移行及び子会社(分割準備会社)の設立に関するお知らせ 」をもとに情報を整理しています。 内容 会社分割による持株会社体制へ …

【コラム】 No.2(経営参謀、右腕、番頭、…)を考える

企業は経営者で決まる、 とよく言われますが、 これはおそらくその通りだと思っています。 一方で、 経営者の傍で、 黒子として活躍する 「経営参謀」 「右腕」 「番頭」 と呼ばれるNo.2の存在もまた、 永続企業を目指すに …

Vol.117 グループ経営のモヤモヤ感を無くすためには

複数の会社を経営していると、 グループの全体像を把握するのは やはり簡単ではありません。 数値把握も難しくなりますが、 現場で何が起きているかを、 タイムリーかつ正確に把握するのが 難しくなります。 この点は、 どれだけ …

Vol.99 強いグループ会社にするための仕組み

本当に強い会社は、 きちんとした「仕組み」を持っています。 仕組みといっても いろいろな仕組みが考えられますが、 もっとも会社を強くする仕組みの1つとして、 「習慣化」 するための仕組みが挙げられます。 個人でも レベル …

Vol.98 社長として、社員から尊敬され、信頼される、ホールディングス経営の仕組み

経営者として、 社員から尊敬され、信頼されること。 これは、 経営をしていくうえで 不可欠な要素だと思っています。 そこで本日は、 グループ経営者のために、 社員から尊敬され、信頼されるための 「ホールディングス」活用の …

Vol.86 ホールディングスとポジショニング戦略

経営戦略において、 もっとも重要な戦略の1つが 「ポジショニング戦略」 だと考えています。 いろいろな戦略論や マーケティング手法がありますが、 それらが効果を発揮するかどうかは、 この「ポジショニング」にかかっている、 …

Vol.77 永続していくグループ経営と2つの武器

経営についての考え方は、 経営者や専門家によって、 マチマチだと思います。 私はというと、 「永続」 という考え方が好きです。 なかでも、 急激に成長するのではなく、 毎年一歩ずつでもよいので、 地道に成長し続けながら、 …

Vol.74 後継者育成のためのホールディングスの仕組み

経営者として悩みが多い問題として、 よく耳にするのが、 「後継者育成」 です。 後継者がいなくて廃業したり、 事業売却する事例も多くなってきています。 一方で、 ホールディングスのメリットとして、 「後継者育成ができる」 …

Vol.71 ホールディングス化する手法を決定するためには

これまでに いくつかのホールディングス化の事例を 掲載してきました。 本の一部ではありますが、 たとえば、 【事例】株式会社 幸楽苑 【事例】不二製油 株式会社 【事例】株式会社 永谷園 【事例】株式会社 アインファーマ …

Vol.67 グループ会社の情報が「集まる」仕組みへ

連結決算の仕組みにおいて、 グループ各社の情報を集める仕組みを 構築することの重要性については、 「Vol.66 グループ会社の情報を「集める」仕組み」 においてもお伝えさせていただきました。 グループ経営を行っていくう …

Vol.65 これからのホールディングス経営の形は?

純粋持株会社形態が解禁されて以来、 ホールディングス型の経営が着実に増えています。 純粋持株会社というと もともとは財閥的な感じで、 いろいろな事業を手掛ける際に 活用されるイメージだったのだと思います。 少し前までは、 …

【事例】株式会社 幸楽苑②(考察)

幸楽苑がホールディングス経営に移行するということは、 事例として、【事例】幸楽苑①でも紹介しました。 平成27年5月8日に開示された 「持株会社体制への移行に伴う分割準備会社の設立、 吸収分割契約締結及び 定款一部変更( …

Vol.62 グループ顧客は見えていますか?

複数会社化の形にも いろいろな形がありますが、 よく見かける形の1つの例として、 販売機能と製造機能を分社している場合があります。 製販が分離されているケースです。 この製販分離型のグループ経営として、 ・販売会社⇒親会 …

Vol.58 連結決算の仕組みづくりの出発点

これまで、 連結決算の仕組みの考え方や必要性について、 書いてきました。 その意義自体は、 ご理解いただけたのではないかと思います。 一方で、 「意義はわかったけれど、  具体的に仕組みはどのように作ればよいのか?」 と …

Vol.50 オーナー社長の個人資産管理とホールディングス②

前回の「Vol.49」でも書きましたが、 限られた入手可能な情報をもとに、 上場企業のオーナーの個人資産管理の事例を 私なりにいろいろな切り口で研究しています。 前回の「Vol.49」では、 オーナーの資産管理会社の必要 …

Vol.49 オーナー社長の個人資産管理とホールディングス①

一般的に上場会社は、 脱プライベートを果たした会社ですが、 実は同族会社といってよいような会社も結構存在します。 株式上場に至るにあたって 一定割合の株式は外部に放出していくのですが、 上場後においても、 かなりの株式を …

Vol.45 ホールディングスは資本政策に有利?

「どのように株を持てば一番良いですか?」 初めて別会社を作ろうとされる経営者や すでにグループ会社経営をされている経営者から よく受ける質問です。 いわゆる「資本政策」と言われる分野です。 会社を作るということは、 誰か …

Vol.42 ホールディングスでグループ顧客の見える化

複数会社化し、 グループ経営をしていると、 自然とグループ会社間での取引が増えてきます。 いわゆる「グループ内取引」です。 たとえば、 販売部門と仕入・製造部門を分社する形で、 2つの会社にした場合には、 もともと2つの …

Vol.41 ホールディングスで連結グループの資金マネジメント

企業が活動を行っていくにあたり、 お金の問題は避けて通れません。 会社によって、お金の管理の厳格さの程度には バラツキがありますが、 やはり着実に成長していく会社は、 お金の管理がきっちりされています。 但し、お金の管理 …

Vol.40 ホールディングス移行で本当にスピードアップするのか?

ホールディングス移行にすることによって、 意思決定の迅速化を図っていく、 といった事例をよく見かけます。 専門書等にも、 ホールディングス化の目的・効果の1つとして、 意思決定の迅速化というものが 挙げられたりもします。 …

【事例】株式会社 永谷園②

※平成27年5月15日に株式会社永谷園より適時開示されている「会社分割による持株会社体制への移行に伴う吸収分割契約締結及び定款の一部変更(商号及び事業目的の一部変更等)に関するお知らせ 」をもとに情報を整理しています。 …

Vol.35 ホールディングスとして最初に作るべき仕組みは?

ホールディングス化することのメリットやデメリットは、 これまでいろいろと書いてきました。 今後も、メリットやデメリットについては 書いていきたいと思っていますが、 その大前提として、 とても大事な視点を書いておきたいと思 …

【事例】株式会社 幸楽苑①

※平成27年5月8日に株式会社幸楽苑より適時開示されている「持株会社体制への移行に伴う分割準備会社の設立、吸収分割契約締結及び定款一部変更(商号及び目的の変更)に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株 …

Vol.29 なぜホールディングス型の連結経営なのか?

日本では昔、 純粋なホールディングス形態が 認められていなかったこともあり、 ホールディングス形態が流行り出したのは、 比較的最近といえます。 まだまだホールディングス形態ではなく、 通常の事業会社が親会社となり、 その …

【事例】京阪電気鉄道株式会社

※平成27年4月30日に京阪電気鉄道株式会社より適時開示されている「会社分割による持株会社体制への移行に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 会社分割による持株会社制移行 開示概要 ●持株会社制への移行に …

Vol.28 小さな会社の独自化戦略として

最近は上場会社においても、 ホールディングス経営に移行している事例が 増えてきています。 この流れは今後も変わらないと思います。 上場会社の場合には、 多くの場合、すでに複数会社経営をしており、 連結グループ経営が至上命 …

【事例】橋本総業株式会社

※平成27年4月24日に橋本総業株式会社より適時開示されている「会社分割による持株会社体制への移行検討及び分割準備会社設立に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 ●会社分割による持株会社体制へ移行するため …

Vol.22 会社にも親子の関係

複数会社化をする際に、 大きく分けると、 ①オーナー個人が複数の会社を出資設立する場合 ②すでに存在する会社が出資して別会社を作る場合 の2通りがあります。 このうち①の場合に出来上がる各社のことを、 「兄弟会社」といっ …

Vol.21 連結グループ戦略と各社の戦略

複数会社化する目的は様々です。 社長がどのような思いで 会社を複数所有したいかです。 小さな会社の場合、 このような質問をよくされます。 「会社を複数にした方が節税できると聞いたのですが・・・」 小さな会社が成長していく …

Vol.20 地域別に会社の分ける場合

複数会社化の形として、 例としてはあまり多くはないですが、 地域別に法人を分けるという考え方もあります。 たとえば、イオンを例に見てみます。 イオンはホールディングス形態の会社ですが、 傘下の子会社に、 ・イオン北海道( …

Vol.19 機能別に会社を分ける際の留意点

会社を複数に分けたり、 別会社を作ったりする際に 機能別に会社を分けるという考え方があります。 小さな会社や中小企業の場合、 新規事業ために別会社を作るケースが 多いかもしれません。 一方で、 企業が成長し、大きくなるに …

【事例】株式会社 永谷園

※平成27年4月16日に株式会社永谷園より適時開示されている「会社分割による持株会社制移行及び子会社(分割準備会社)の設立に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 会社分割による持株会社制移行及び子会社(分 …

Vol.17 数値シミュレーションをして具体化

複数会社化、ホールディングス化にあたっては、 経営者の頭にあるイメージを、 事前に明確にしておくことが重要です。 Vol.16のなかでも触れましたが、 ①現状(単一会社の中での状況) ②理想(複数会社化したときの状況) …

Vol.15 ホールディングス化のメリットとデメリット(まとめ)

複数会社化のメリットとデメリットは 色々あると思いますが、 簡単にいくつか列挙してみたいと思います。 <メリット> ①1つの会社で整理しきれないものを、会社を分けることで整理できる ②別名の会社を作ることで、事業の使い分 …

Vol.14 ホールディングス化のメリットとデメリット(税金面)

ホールディングス形態の場合だけではありませんが、 「会社を複数会社化することで節税メリットがある」 といったテーマをよく見かけます。 これはある一側面を見れば「その通り」と言えると思います。 税金計算のルールは もともと …

Vol.13 ホールディングス化のメリットとデメリット(経営管理面)

連結グループ経営を実践していくにあたって ホールディングス経営が有効であると これまでも書いてきました。 基本的な考え方は 小さな会社であっても同じです。 ホールディングカンパニーが グループ全体をコントロールし、 グル …

Vol.12 連結グループ経営の決意

初めて複数会社化を考える社長で ホールディングス化を選択肢に入れるケースは ほとんどありません。 多くの場合、 すでにある会社を基盤に「子会社」として 別会社を作るケース、 もしくは、 ご自身が新たに出資設立して 別の会 …

Vol.7 はじめよう連結グループ経営

会社規模が小さいうちは、 社長の頭の中だけで、 会社の全体像をある程度把握でき、 管理もできると思います。 但し、会社規模が大きくなっていけばいくほど、 社長の頭の中ですべてを整理するのは難しくなりますし、 すべての社員 …

Vol.5 小さな会社こそホールディングス化

一般的に「ホールディングス」というと、 大きな会社や、多数のグループ会社を持っている規模を イメージされることが多いのではないでしょうか。 正確な統計はありませんが、 おそらく実態も、 このイメージ通りなのではないかと思 …

Vol.4 ホールディングスの魅力

「ホールディングス」という言葉が 会社名についているケースを多く見かけるようになりました。 日本語的には「持株会社」とも表現されます。 この「持株会社=ホールディングス」とは いったいどのようなものなのでしょうか? 専門 …

キーワードで検索

キーワードで検索

人気記事ランキング(月間)

  • facebook
Powered by 連結グループ経営研究所