記事一覧

Vol.230 グループシナジーの「達成の定義」は?

  • 2021.10.7
Pocket

 

連結グループ経営のなかで
グループシナジーを生み出すことは、
今やどの会社でも大きな命題になっていると思います。

M&Aをする場合でも、
グループシナジーを生み出せそうな会社が
候補に挙がってくると思います。

 

一方で、
実際にグループシナジーを生み出せているかというと
多くの会社では苦労をしているのではないでしょうか?

グループシナジーというと聞こえは良いのですが、
とても抽象的な用語になりますので、
もしグループシナジーを本気で追求する場合には、
それを管理できる形にしていく必要があると思っています。

 

管理できる形にするとは、
———————————-
・ゴールの明確化
・そのためのプロセス(行動)の明確化
———————————-
を意識しながら、
グループシナジーについて「定量化」することです。

 

グループシナジーが発揮された状況は、
どのような状態を指すのか?(成功の定義)

そのためのKPIをどのように設定するのか?

 

仮決めでもよいので、
できる限り具体的にしておかないと、
きっと「グループシナジー」というフレーズだけが、
毎年叫ばれ続けるだけに終わってしまいそうです。

 

●関連記事

「Vol.194 なぜグループのシナジー効果が生まれないのか?」

「Vol.212 グループシナジー効果 vs グループアナジー効果」

 

 

関連記事