記事一覧

Vol.229 連結システム vs Excel連結決算

  • 2021.10.6
Pocket

 

連結グループ経営において、
グループ全体の数値をまとめるために連結決算を実施しします。

未上場会社は作成義務はありませんが、
グループ経営管理上は、簡易的なものでも作成が望まれます。

 

連結決算導入期においては
Excelで対応することも多いと思いますが、
連結決算システムを導入するかどうかを悩んだりする時期
会社の規模感によっては出てくると思います。

 

そこで、連結決算システムを導入したときの
メリット・デメリットについて、
個人的に感じているベスト3を考えてみました。

 

メリット
①海外子会社の外貨換算が楽になる
②合算・集計といった単純計算時のミスを防止できる
③年度更新等が機能として自動化できる

デメリット
①基本設定が大変(設定ミスがあると変なことになる
②自動化されることでヒトとして考える力が低下する(間違いにも気づきづらくなる
③小回りが利かない(Excelのようにすぐにカスタマイズができない

 

ある程度のグループ会社数や、
海外子会社の有無、といったあたりが、
システム導入の判断のポイントになる気がします。

 

●関連記事

Vol.87 連結決算システムを入れても・・・
Vol.197 連結決算システムを導入しても連結決算の問題点は改善されません・・・
Vol.227 子会社への「クラウド会計」導入から始めるグループ業務改革

 

 

関連記事