社長を支える「グループ経営の裏方」機能を作ることができれば、グループ経営が面白くなる!
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • 経営判断

タグ : 経営判断

【事例】ブックオフコーポレーション株式会社

※ブックオフコーポレーション株式会社より適時開示されている「単独株式移転による持株会社設立に関するお知らせ(平成30年5月15日)」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行 開示概要 ●平成30年5月1 …

【事例】株式会社インフォメーション・ディベロプメント

※平成30年3月13日に株式会社インフォメーション・ディベロプメントより適時開示されている「持株会社制への移行準備開始に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行 開示概要 ●平成30年3 …

【事例】株式会社メガネスーパー

※平成29年6月19日に株式会社メガネスーパーより適時開示されている「単独株式移転による純粋持株会社体制への移行に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 純粋持株会社体制への移行 開示概要 ●平成29年6月 …

【事例】株式会社メディアドゥ

※平成29年4月26日に株式会社メディアドゥより適時開示されている「会社分割による持株会社体制への移行及び定款一部変更(商号及び事業目的等の変更)に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移 …

Vol.210 グループ経営のステージを上げていく

グループ経営の管理面が気になり始めるタイミング グループ会社数が増えてくると、 グループ内の社員数も増えますし、 仕事のやり方、資料、個性、等、 いろいろなことが多様化していきます。 経営者としては、 グループ全体の管理 …

【事例】株式会社ルック

※平成29年2月17日に株式会社ルックより適時開示されている「会社分割による持株会社体制への移行及び子会社(分割準備会社)の設立に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 持株会社体制への移行 分割準備会社の …

【ご挨拶】あけましておめでとうございます(2017年の取組方針)。

あけましておめでとうございます あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。 当ブログ記事の方は、 週1回(or 2回)の更新を今年の目標に 記事を書いていきたいと思っています。   今 …

Vol.196 グループ経営者に必須な「横串管理」の視点

連結グループ経営 vs 複数会社経営   連結グループ経営は、 「ヨコの関係も意識する」 複数会社経営は、 「タテの関係のみ意識する」   今回のテーマは「グループ経営における横串管理」についてです。 …

Vol.193 M&Aで本当に必要なデューデリとは?

M&A 成熟した日本市場のなかで、 企業が継続的に成長していくためには、 日本国内、海外含めて、 M&Aは欠かせない戦略の1つになってきています。 景気が良い時は、 業績が好調な会社であっても M&amp …

【事例】株式会社サッポロドラッグストアー

※平成28年3月24日に株式会社サッポロドラッグストアーより適時開示されている「純粋持株会社制への移行に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 純粋持株会社制への移行 開示概要 ●平成28年3月24日開催の …

Vol.154 多角化と連結決算の仕組み

小さな会社や 中小企業においても、 多角化戦略をとられている会社もあります。 1つの事業だけで 突き抜けていくのは効率は良いのですが、 現実問題として、 1つの事業だけで成長し続けるというのは、 競争も激しく、難しいもの …

【知識】「会計の世界」と「税務の世界」(2/3)

連結グループ経営を実践するうえで 社長にも知っておいていただきたい知識の解説です。 はじめに 前回は「会計の世界」について、 簡単にお伝えさせていただきました。 今回はその続きとして、 「税務の世界」について お伝えさせ …

【事例】株式会社 中央経済社

※平成27年10月20日に株式会社中央経済社より適時開示されている「会社分割による持株会社体制への移行及び子会社(分割準備会社)の設立に関するお知らせ 」をもとに情報を整理しています。 内容 会社分割による持株会社体制へ …

Vol.125 失敗しない「見える化」の3つのポイント

シェアードサービスに取り組む出発点は、 「自社業務の棚卸」 であることを前回お伝えさせていただきました。 つまり、 「現状の業務の見える化」 が最初に必要だということです。 経営の鉄則は、 「正しい現状把握無くして、 正 …

Vol.116 残念な複数会社経営

前回の記事では、 複数会社経営をレベル分けすると、 以下のような割合になっている、 ということをお伝えさせていただきました。 【レベル1】 1+1<2(残念な複数会社経営):50% 【レベル2】 1+1=2(単なる複数会 …

Vol.115 成功しているグループ経営者とは?

私はこれまで、 連結決算の仕組み作りの 支援を実施してきました。 ひと言で 「連結決算の仕組み」 といっても、 そのニーズは各社様々です。 「連結グループの業務改革をしたい」 「連結グループ組織再編をしたい」 「連結グル …

Vol.114 グループ経営資源の見える化⑦(在庫3/3)

前回の 「Vol.112 グループ経営資源の見える化⑤(在庫1/3)」 「Vol.113 グループ経営資源の見える化⑥(在庫2/3)」 に引き続き、 グループ在庫の留意点について、 確認をしてみたいと思います。 まず以下 …

Vol.113 グループ経営資源の見える化⑥(在庫2/3)

前回の 「Vol.112 グループ経営資源の見える化⑤(在庫1/3)」 において、 グループ在庫に関連する 以下のような問題点について お伝えさせていただきました。 <よくある問題> (1)グループの全体の在庫情報が共有 …

Vol.112 グループ経営資源の見える化⑤(在庫1/3)

一般的によく表現される 経営資源として、 「人・モノ・お金・情報」 といったものがあります。 今回はこのなかで、 主に、 「モノ」 に該当するであろうテーマについて、 確認をしてみたいと思います。 いわゆる 「商品」「製 …

Vol.108 グループ経営資源の見える化①(顧客名簿1/2)

グループ経営者として 適切な経営判断をしていくうえで、 「グループ経営資源の現状把握」 が大切である旨を、 前回お伝えさせていただきました。 (参照:Vol.107 グループ経営資源を見える化できていますか?) 正確な現 …

Vol.107 グループ経営資源を見える化できていますか?

グループ利益を最大化すること。 これはグループ企業が、 成長し、永続していくためには、 必須の条件と言ってもよいかもしれません。 企業が永続していくための源泉は、 やはり「利益」にいきつきます。 それでは、 グループ利益 …

Vol.103 地域別グループ会社と連結決算管理

地域別にグループ会社化している場合の 連結決算の管理体制について、 今回は確認をしてみたいと思います。 まず、 「地域別にグループ会社化する場合」 とはどのような場合になるのでしょうか? ありそうで、意外と無いのが、 こ …

Vol.90 もったいない連結決算からの卒業

連結決算というと、 経理マンや会計士が連結決算書を作ること、 という程度の認識の社長が多いです。 つまり、 「連結決算=たんなる専門的な作業」 と考えられています。 確かに 実際に連結決算書を 作成する部分の仕事だけを見 …

Vol.89 値決めとグループバリューチェーンの見える化

商売の基本は、 仕入れて、 それに「付加価値」を付けて、 顧客に販売する、 ことで成り立っています。 ここでいう「仕入れ」とは、 原材料だったり、 商品だったり、 ヒト(人件費)だったり、 広い意味での原価ということです …

Vol.88 グループ経営者へ、「スピード連結決算」のススメ

上場会社では 連結決算書の開示が求められますが、 連結決算の必要性は なにも上場会社に限ったことではありません。 上場会社であれ、 未上場会社であれ、 グループ経営の場合には、 連結決算の仕組みを構築しておくことは 重要 …

【用語】デューデリジェンス(DD)

連結グループ経営を実践するうえで社長にも知っておいていただきたい用語の解説です。 解説 グループ経営を進めていくうえで、 自社が新規に出資して子会社を作ることもありますが、 他社の株式を買い取って子会社化(グループ会社化 …

Vol.85 戦略的だけど赤字の子会社

これまで 「広げない」グループ経営の 考え方をお伝えしてきました。 つまり、 グループ経営を拡大するには、 あえて、 ①地域を広げない(どこで) ②顧客を広げない(誰に) ③商品・製品・サービスを広げない(何を) の3点 …

【事例】株式会社イーエムシステムズ

※平成27年7月9日に株式会社イーエムシステムズより適時開示されている「会社分割による持株会社体制への移行の延期に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。 内容 会社分割による持株会社体制への移行の延期 開示概要 …

Vol.78 小さな会社のグループ経営戦略

私は仕事柄、 「別会社を作りたい」 「新しく子会社を作りたい」 「他社の株式を買いたい」 「分社化したい」 といった相談を受けます。 いわゆる 「グループ経営を拡大していくための決断」 についての相談です。 とはいっても …

Vol.77 永続していくグループ経営と2つの武器

経営についての考え方は、 経営者や専門家によって、 マチマチだと思います。 私はというと、 「永続」 という考え方が好きです。 なかでも、 急激に成長するのではなく、 毎年一歩ずつでもよいので、 地道に成長し続けながら、 …

Vol.70 グループ経営者に必須な月次連結決算書

経営者であれば、 やはり数字に強くなる必要があると思います。 また、会計数値についても ある程度の知識は必須と言ってもよいでしょう。 なかには、 「決算書が読めなくても経営ができる」 という経営者も世の中にはいますが、 …

Vol.68 海外進出と連結決算の仕組み

本日(2015年6月22日)の 日本経済新聞に 「社長100人アンケート」 の結果について記載がありました。 この記事によると、 「海外M&A」 についても積極的に検討していく、 との回答が多かったようです。 国 …

Vol.67 グループ会社の情報が「集まる」仕組みへ

連結決算の仕組みにおいて、 グループ各社の情報を集める仕組みを 構築することの重要性については、 「Vol.66 グループ会社の情報を「集める」仕組み」 においてもお伝えさせていただきました。 グループ経営を行っていくう …

Vol.66 グループ会社の情報を「集める」仕組み

連結決算の仕組みにおいて、 グループ各社の情報を集めることは、 とても重要なポイントと言えます。 グループの状況がよく見えづらいと思っている社長には、 是非、このポイントを意識していただきたいと思います。 グループ経営に …

Vol.64 赤字の子会社を直視して判断する勇気

複数会社化する際に よくあるパターンの1つが、 「新規事業のために子会社を設立する」 というパターンです。 ただ、 思ったように事業を軌道に乗せることができず、 事業停止状態になって放置されていたり、 赤字が続く中でダラ …

Vol.63 グループ売上高とグループ原価は意識していますか?

これまでも何度もお伝えしてきましたが、 連結決算の仕組みの中では、 グループ会社間で行っている売上は、 すべて消去されます。 (参照:【用語】連結決算①、【用語】連結決算②) つまり、 グループ全体を1つの会社と考えて …

Vol.58 連結決算の仕組みづくりの出発点

これまで、 連結決算の仕組みの考え方や必要性について、 書いてきました。 その意義自体は、 ご理解いただけたのではないかと思います。 一方で、 「意義はわかったけれど、  具体的に仕組みはどのように作ればよいのか?」 と …

Vol.37 複数会社の情報を吸い上げるには?

企業を複数会社化したときに よく問題になることがあります。 それは、 「情報をどのように吸い上げるか」 という点です。 とくに「数値」情報を集める仕組みをどのようにするかは、 複数会社経営において重要なテーマです。 たと …

Vol.35 ホールディングスとして最初に作るべき仕組みは?

ホールディングス化することのメリットやデメリットは、 これまでいろいろと書いてきました。 今後も、メリットやデメリットについては 書いていきたいと思っていますが、 その大前提として、 とても大事な視点を書いておきたいと思 …

Vol.18 複数会社化と社員の気持ち

会社を複数化するにあたり、 どのようなデザインにするかは様々なケースがあり、 正解があるわけではありません。 経営者自らの意志のもと、 決めていく部分になると思います。 但し、1つ会社を増やすということは、 法人維持管理 …

キーワードで検索

キーワードで検索

人気記事ランキング(月間)

  • facebook
Powered by 連結グループ経営研究所