記事一覧

Vol.125 失敗しない「見える化」の3つのポイント

  • 2015.10.1
Pocket

シェアードサービスに取り組む出発点は、
「自社業務の棚卸」
であることを前回お伝えさせていただきました。

つまり、
「現状の業務の見える化」
が最初に必要だということです。

経営の鉄則は、
「正しい現状把握無くして、
正しい経営判断はできない」
です。

Vol.64(3)

ただ、
意外と簡単でないのが、
自社業務の棚卸というタスクです。

実際の業務自体は
社員を通じて実行されますので、
社員の頭の中から実施業務を抽出する作業が
必要になります。

とはいっても、多くの場合、
社員は無意識の中で業務遂行しています。

そのため、
社員の頭の中から業務内容を
抽出するという「棚卸作業」自体が、
かなり難しいものです。

おそらく
自分自身を振り返って、
見えるようにする作業は、
誰もが苦手にしている側面があるはずです。

仮に他人の力を借りたとしても、
容易ではないはずです。

私もこれまで
いろいろな会社の業務を見える化したり、
自分自身のノウハウの見える化に
チャレンジしてきました。

自分でも上手くいったと思えるケース、
もっと上手くできたのではないかと反省するケース、
様々な経験があります。

Vol.15(3)

そして今私自身の過去の経験を通じて感じている
「失敗しない『見える化』作業のポイント」
は、以下の3点に集約されます。

——————————————————————————–
①各業務の見える化の作業は各担当者が実施した方がよい
②できる限り簡単なところからスタートする(完璧を求めない)
③業務の見える化作業を日常業務の中に組み込む
——————————————————————————–

見える化する形は、
業務フローだったり、
業務マニュアルだったり、
必要に応じて使い分けをすればよいと思います。

上記の①~③のポイントを意識して
取り組むのであれば、
形はそれほど重要でないように思います。

 

今回は、上記の①~③について
少しずつ補足をしてみたいと思います。

①各業務の見える化の作業は各担当者が実施した方がよい

最初のポイントは、
「各社員の主体性」
です。

社員に主体性がない取り組みは、
絶対に生きた取り組みとはなりません。

取り組みに無関心であることほど
つらいことはありません。

自分自身で取り組むからこそ、
関心を持ってもらえます。

Vol.18(2)

また自分自身で悩みながら取り組むからこそ、
社会人としても成長し、
ひいては会社組織としても成長します。

私自身の過去を振り返って、
「もっと上手くサポートができたのではないか・・・」
と反省する事例は、
やはりこの①のポイントに尽きるような気がします。

自分自身への反省・戒めの意味も込めて、
「社員に主体性を持ってもらう(=関心を持ってもらう)」
という点は、
一番強調したいポイントです。

※詳細は右記事を参照:「Vol.126 グループ社員の主体性

②できる限り簡単なところからスタートする(完璧を求めない)

次のポイントは、
「実行されるかどうか」
という点です。

どんなに完璧な計画であっても、
実行されなければ、
全く無価値です。

経営者や役職上位者は、
どうしても自分の基準を、
部下にも求めたくなるものです。

但し、
会社にはいろいろな社員がいます。

どのような社員であっても
ついて来られるくらいのレベルで始めなければ、
会社全体としては上手く機能しません。

そう考えた場合に、
とくに最初は、
「簡単にできるステップ」
から始めることを強くお勧めします。

完璧主義者が多い経営者にとっては、
不完全燃焼な面もあるかと思いますし、
納得できない場面も多々起こると思いますが、
ここはあえてご自身の理想を下げてください。

最初の簡単なステップを通過できれば、
その後の道が開けます。

Vol.67(1)

理想を上げていくのは、
その後からでも遅くはありません。

私自身も、
どうしても完璧な形を求めすぎる部分があり、
この②の結論に辿り着くには時間がかかりました。

それでも、最近は、
この②の重要性を実感しています。

経営者としては常に基準は
高く持っていただきたいのですが、
ここだけは、あえて、
基準を下げて我慢をしてみてください。

というよりは、
「目線を下げる」
という表現の方が適切かもしれません。

※詳細は右記事を参照:「Vol.127 完璧主義社長のための『3段跳び思考』

③業務の見える化作業を日常業務の中に組み込む

最後のポイントは、
「継続性」
です。

企業の場合には、
「継続力=企業競争力」
になってくると言っても過言ではありません。

それほど、
継続することは容易ではないということです。

そこで、
この「継続力」については、
あえて「社員各自の意志に頼らない」仕組みを
構築することが大切だと思っています。

Vol.27(2)

つまり「組織習慣化」するということです。

そのためには、
「見える化作業=特別な業務」
ではなく、
「見える化作業=日常業務の中の一部」
という仕組みを作ることがポイントです。

※詳細は右記事を参照:「Vol.128 『仕組み=個人の意志に頼らない』

———————————————————————–

以上、
3つのポイントはいかがでしたでしょうか?

ピンと来ない部分もあるかもしれませんので、
次回以降にもう少しだけ
①②③について触れさせていただきたいと思います。

関連記事