記事一覧

Vol.237 子会社へはきちんとフィードバックをしよう!

  • 2021.10.19
Pocket

親会社と子会社の立場の違い

グループ経営の形として、通常は、
・親会社から子会社へ指示を出す
・子会社へ必要な情報を提出するように求める
といったような形で、
親会社を起点として「依頼」「指示」が出ることが多いと思います。

子会社側からすると、
基本的には親会社からの指示は、
基本的には「絶対」です。

 

但し、子会社側からすると、
親会社からの指示に不満があったり、
対応が難しいなと感じる場面が多々あるものです。

それでも何とか頑張って子会社は
親会社の指示・依頼に従って対応をしてくれます。

 

子会社側の思い

このように親会社の指示・依頼に対応すべく
頑張ってくれている子会社側からよく出てくる不満があります。

————————–
提出した資料や内容について、
その後どうなったのだろうか?
————————–

 

子会社が頑張って対応した内容について、
親会社側で、その後どうなったかについてよくわからない、
といった不満をよく耳にします。

親子の立場の関係があるとはいえ、
このような子会社の思いを無視していては、
スムーズな継続的コミュニケーションが難しくなってしまいます。

 

親会社側もいろいろと大変な状況を抱えているとは思いますが、
子会社側のこのような思いもケアしてあげて、
是非「その後についてのフィードバック」を子会社へしてあげて欲しいと思います。

この親会社から子会社へのフィードバックを
定期的に実施するかどうかで、
その後のコミュニケーションの質が変わってくると思いますので。

 

●関連記事

Vol.188 子会社管理に求められる姿勢とは?

 

 

関連記事