社長を支える「グループ経営の裏方」機能を作ることができれば、グループ経営が面白くなる!
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • 永続

タグ : 永続

Vol.196 グループ経営者に必須な「横串管理」の視点

連結グループ経営 vs 複数会社経営   連結グループ経営は、 「ヨコの関係も意識する」 複数会社経営は、 「タテの関係のみ意識する」   今回のテーマは「グループ経営における横串管理」についてです。 …

【雑感】7年経過して思うこと

6月13日に思うこと 本日は2016年6月13日ですが、 ちょうど7年前の2009年6月13日に、 プロレスラーの三沢光晴さんが亡くなりました。 リング上の事故ということでした。   私の故郷である、 広島の会 …

【コラム】出口会長から学ぶトップの姿勢

一昨日、友人が主催の 「ライフネット生命」出口会長の講演を 聞かせていただきました。 当然ながら、 お話の内容は素晴らしいと思ったのですが 私が一番感心したのが、 ———— …

【コラム】2代目社長

2代目社長の共通点 会社が永続していく限り、 創業社長はどこかで、 次世代にバトンタッチをする時期が やってきます。 個人的な興味もあり、 「2代目社長」 について、 一時期研究をしたときがありました。   2 …

【コラム】勝利の条件

一昨日、「アスリートの話」というイベントに 参加してきました。 元陸上選手の為末大さんが 企画・主催したイベントでしたが、 今回は元ビーチバレー日本代表の 朝日健太郎さんとのトークイベントでした。 為末さんが企画をした趣 …

【コラム】 数字至上主義は正か悪か?

最近は東芝の問題で揺れています。 その背景には、 「チャレンジ」といった言葉を使った 数字(予算達成)へのプレッシャーが 不正会計につながっていった、 とのことです。 会社経営においては、 「数字ばかり意識し過ぎている」 …

【マメ知識】超富裕層への管理体制強化(1/2)

連結グループ経営を実践するうえで 社長にも知っておいていただきたい知識の解説です。 はじめに 最近は、富裕層への課税環境が 一段と厳しくなってきました。 税金は、 担税力のあるところから徴収する という考え方が根本にあり …

【コラム】 No.2(経営参謀、右腕、番頭、…)を考える

企業は経営者で決まる、 とよく言われますが、 これはおそらくその通りだと思っています。 一方で、 経営者の傍で、 黒子として活躍する 「経営参謀」 「右腕」 「番頭」 と呼ばれるNo.2の存在もまた、 永続企業を目指すに …

Vol.107 グループ経営資源を見える化できていますか?

グループ利益を最大化すること。 これはグループ企業が、 成長し、永続していくためには、 必須の条件と言ってもよいかもしれません。 企業が永続していくための源泉は、 やはり「利益」にいきつきます。 それでは、 グループ利益 …

Vol.105 機能別グループ会社と連結決算管理

グループ経営を進めていくうえで、 多くの会社が行きつく形として、 「機能別」にグループ会社化していくデザインです。 たとえば、 ・販売部門と製造部門を別会社にする ・物流子会社を作る ・間接部門を集約してシェアードサービ …

Vol.104 事業別グループ会社と連結決算管理

今回は事業別グループ会社の 連結決算管理についてです。 このケースは、 ・事業の多角化 ・マルチブランド展開 といったグループ会社が当てはまります。 経営者の中には、 1つの事業に集中する性格の方と、 どんどん新規事業を …

Vol.96 グループ「経営参謀」としてのホールディングカンパニー

会社が大きくなり、 社員数も増えてくると、 物理的に、 社長の目が行き届かなくなってきます。 どれだけスーパーマン社長であっても 規模拡大に伴って生じる このような症状は避けられません。 さらに、 グループ会社が 1社、 …

Vol.93 トップセールスマンだからこそホールディングスへ

連結グループ経営における グループ内のシナジー効果には、 ①プラスを伸ばすシナジー ②マイナスを削減するシナジー の2つの方向性があります。 どちらも重要なシナジーですが、 経営者としてより興味があるのは、 「①プラスを …

Vol.92 グループ内に「シナジー」を生み出すためには?

強いグループ企業は、 グループ各社が有機的に連動しています。 そして、 この連動のなかで、 「連結グループシナジー」 が生まれています。 つまり、 「1+1>2」 のグループ経営になっているのです。 このような 連結グル …

Vol.90 もったいない連結決算からの卒業

連結決算というと、 経理マンや会計士が連結決算書を作ること、 という程度の認識の社長が多いです。 つまり、 「連結決算=たんなる専門的な作業」 と考えられています。 確かに 実際に連結決算書を 作成する部分の仕事だけを見 …

Vol.89 値決めとグループバリューチェーンの見える化

商売の基本は、 仕入れて、 それに「付加価値」を付けて、 顧客に販売する、 ことで成り立っています。 ここでいう「仕入れ」とは、 原材料だったり、 商品だったり、 ヒト(人件費)だったり、 広い意味での原価ということです …

Vol.87 連結決算システムを入れても・・・

連結グループ経営と 複数会社経営は異なります ただの複数会社経営でよいのであれば、 連結決算までは必要ないかもしれません。 一方で、 連結グループ経営を実践し、 成長し続け、 永続する企業グループを 目指すのであれば話は …

Vol.79 グループ経営とエリア戦略①

グループ経営を成長させ、 拡大していくためには、 「広げない」 ことがポイントであることを 「Vol.78 小さな会社のグループ経営戦略」で お伝えしました。 改めてポイントをお伝えすると、 ①地域を広げない(どこで) …

Vol.78 小さな会社のグループ経営戦略

私は仕事柄、 「別会社を作りたい」 「新しく子会社を作りたい」 「他社の株式を買いたい」 「分社化したい」 といった相談を受けます。 いわゆる 「グループ経営を拡大していくための決断」 についての相談です。 とはいっても …

Vol.77 永続していくグループ経営と2つの武器

経営についての考え方は、 経営者や専門家によって、 マチマチだと思います。 私はというと、 「永続」 という考え方が好きです。 なかでも、 急激に成長するのではなく、 毎年一歩ずつでもよいので、 地道に成長し続けながら、 …

Vol.75 オーナー経営から脱却した先にあるホールディングス経営

ホールディングス化のメリットの1つとして 「オーナー経営から組織的経営への移行に活用できる」 が挙げられることがあります。 (Vol.72参照) ここでいう「オーナー経営」という表現も 少し曖昧ではありますが、 私なりに …

Vol.74 後継者育成のためのホールディングスの仕組み

経営者として悩みが多い問題として、 よく耳にするのが、 「後継者育成」 です。 後継者がいなくて廃業したり、 事業売却する事例も多くなってきています。 一方で、 ホールディングスのメリットとして、 「後継者育成ができる」 …

Vol.73 ホールディングス化のデメリット(一般論)

グループ経営のカタチの1つとして、 ホールディングス経営があります。 私としては、 ホールディングス化することで、 グループ経営の可能性を広げられると思っていますし、 その考えをこれまでもお伝えしてきています。 前回のV …

Vol.69 グループ内共通言語としての連結パッケージ

グループ経営を実践し、 強いグループ組織にしていくには、 連結決算の仕組みが必要であることは、 これまでもお伝えしてきました。 「Vol.68 海外進出と連結決算の仕組み」では、 海外展開をしていくうえでも、 連結決算の …

Vol.61 子会社の決算日はいつにするべきか?

新たに別会社を作ろうとしている社長や、 複数会社経営を始めようとしている社長から、 よくこののような質問をされます。 「子会社の決算期をいつにしたらよいですか?」 この質問は本当に多いです。 海外では決算期を自由に決めら …

Vol.51 オーナー社長の適切な節税

「節税をしたいんですけど」 よく聞かれる質問です。 個人的には、 とても困る質問の1つです。 あまりにも漠然としていることや、 前提条件がわからないからです。 そもそも、 税金を主に考え出すと、 事業経営の方がおかしくな …

Vol.50 オーナー社長の個人資産管理とホールディングス②

前回の「Vol.49」でも書きましたが、 限られた入手可能な情報をもとに、 上場企業のオーナーの個人資産管理の事例を 私なりにいろいろな切り口で研究しています。 前回の「Vol.49」では、 オーナーの資産管理会社の必要 …

【事例】不二製油 株式会社

※平成27年5月22日に不二製油株式会社より適時開示されている「会社分割による持株会社体制への移行及び商号変更 及び定款一部変更に関するお知らせ 」をもとに情報を整理しています。 内容 会社分割による持株会社制移行 商号 …

Vol.39 ホールディングスで「グループ組織知」づくり

グループ経営において、 出来の良い子会社と、そうでない子会社が 出てくるものです。 これは、業績的にもそうですし、 管理状況においてもそうです。 ある程度は仕方ないことですが、 この状態は放っておくのは好ましくありません …

Vol.26 ホールディングス経営に必要な右腕とキーパーソン

ホールディングス経営を実践していくためには、 事前のデザインが重要であることは 何度も書いてきました。 最初にデザインする必要があるのが、 ホールディングス経営の「形」です。 経営者にとっては、 勇気や覚悟のいる決断にな …

Vol.25 連結グループのデザインは必ず変わる

連結グループ経営にあたって、 最初の連結組織のデザインはとても重要です。 走りながら考える というスタイルも当然必要なのですが、 十分すぎるほどのデザインをしたうえで 走り始めなければ、 連結グループ内はグチャグチャにな …

Vol.23 親(ホールディングス)の教育

たんに複数の会社を経営することと、 連結グループ経営は異なります。 企業として成長し、 拡大し、永続していくことを考えると 連結グループ経営の視点が重要です。 この連結グループ経営のなかで 重要な機能は「親の機能」です。 …

Vol.17 数値シミュレーションをして具体化

複数会社化、ホールディングス化にあたっては、 経営者の頭にあるイメージを、 事前に明確にしておくことが重要です。 Vol.16のなかでも触れましたが、 ①現状(単一会社の中での状況) ②理想(複数会社化したときの状況) …

Vol.15 ホールディングス化のメリットとデメリット(まとめ)

複数会社化のメリットとデメリットは 色々あると思いますが、 簡単にいくつか列挙してみたいと思います。 <メリット> ①1つの会社で整理しきれないものを、会社を分けることで整理できる ②別名の会社を作ることで、事業の使い分 …

Vol.14 ホールディングス化のメリットとデメリット(税金面)

ホールディングス形態の場合だけではありませんが、 「会社を複数会社化することで節税メリットがある」 といったテーマをよく見かけます。 これはある一側面を見れば「その通り」と言えると思います。 税金計算のルールは もともと …

Vol.8 本当に複数会社化するべきですか?

複数会社化を検討する場合、 何らかの理由があります。   事業が拡大したことで、 事業別に会社を分けるという事例も 多くあります。 また、これまで会社を支えてきた既存事業が 衰退していくなかで、 新規事業へのチ …

Vol.7 はじめよう連結グループ経営

会社規模が小さいうちは、 社長の頭の中だけで、 会社の全体像をある程度把握でき、 管理もできると思います。 但し、会社規模が大きくなっていけばいくほど、 社長の頭の中ですべてを整理するのは難しくなりますし、 すべての社員 …

キーワードで検索

キーワードで検索

人気記事ランキング(月間)

  • facebook
Powered by 連結グループ経営研究所