※平成29年5月18日にバーチャレクス・コンサルティング株式会社より適時開示されている「会社分割による持株会社体制への移行及び定款の一部変更 (商号及び事業目的の変更)に関するお知らせ」をもとに情報を整理しています。

内容

持株会社体制への移行

開示概要

●平成29年5月18日開催の取締役会において
平成29年10月2日付で持株会社体制へ移行するべく会社分割(新設分割)を実施し、
同日付で商号を「バーチャレ クス・ホールディングス株式会社」に変更するとともに、
事業目的を持株会社体制に合致したものに変更する旨、決議した。

●持株会社体制への移行については、
平成29年6月28日に開催予定の当社定時株主総会において
所定の決議が得られることを条件に実施する予定。

●新設分割以降の同社単体の業績については、
主としてグループ会社からの経営指導料収入、配当収入等により
持株会社の運用経費等を賄う収益構造となる予定。

持株会社体制移行の背景・目的

●顧客と企業の接点の最適化領域で
No.1企業となるという企業理念のもと事業を進めてきた。

●今後も既存事業及びAIやチャットボットなどの
新規成長分野に積極的に取り組み、
事業規模の拡大及び経営基盤の強化による
更なる事業の成長に取り組んでいる。

●これらを実現するためには、
グループとしての企業競争力を強化していくことが必須であり、
グループ各社の権限、責任を明確化し各社の成長を加速させ、
グループ経営管理及び業務執行の分離による
コーポレート・ガバナンスの向上を図り、
グループ全体の企業価値を最大化する経営I体制を構築する必要があると考え、
持株会社体制へ移行することを決定した。

会社分割の方式

●同社を分割会社とし、
新設するバーチャレクス・コンサルティング株式会社を
新設分割設立会社とする新設分割となる。

会社分割の日程

①新設分割計画承認取締役会:平成29年5月18日
②新設分割計画承認株主総会:平成29年6月28日(予定)
③分割期日:平成29年10月2日(予定)

 

Review

今回は「バーチャレクス・コンサルティング」の事例です。

同社に関してはあまり詳しくなかったので、
今回の開示を機に同社の事業を確認してみました。

 

とりあえずわかったこととしては、
・グループ売上規模は50億円程度
・グループ営業利益は2億程度
・グループ会社数(子会社)は2社
・そのうち1社は、最近子会社化した会社である
といった感じでした。

 

ただ、事業内容やホールディングス化した背景が、
漠然としてかつかめなかったこともあり、
ちょうど最近の決算説明会動画あったので、
確認してみることにしました。

すると、もう少し理解が深まりました。

 

内容のポイントは以下の感じに受け取りました。
(あくまで私が興味のある視点ですが)

—————————————————
・最近、新たに子会社化した会社がある
・買収によるのれん代の償却や人材採用にコストをかけることから
 平成30年3月期は減益予想としている
・一時的な減益要因は、今後のグループ成長を重視した結果である
・今後グループとしては「IT技術」を事業基盤・成長ドライバーにしていく意志が強い
・そのため、IT技術をさらに開発・発展させていき、サービス展開につなげる
—————————————————

とくに印象的だったのは、
「IT技術を基盤にしていく意志」
です。

ここがすべての事業の強みであると特定し、
ここに経営資源を投入していく思いが強いようです。

 

同社グループ内における
グループナレッジマネジメントとしても
IT技術を基盤にしながら進めていくとともに、
それを顧客へのサービス提供としても活用していく、
という感じでしょうか。

 

一般的には、
ナレッジマネジメントは重要なことがわかっていても
整備して実践していくのはかなり難しい業務になります。

グループレベルでナレッジマネジメントをしようとすると、
さらに困難になるのは明白です。

 

このような難しいグループナレッジマネジメント領域においても、
IT技術が活躍できる部分が大きくなることを
改めて感じることができた説明会動画でした。

 

グループナレッジマネジメントは、
グループ経営のなかでもとても重要なキーワードです。

そのため、
純粋に「IT技術によるグループナレッジマネジメント」
可能性について興味がわいた内容でした。

 

今回の事例をまとめると、
グループコアスキルを明確にしたうえで、
ホールディングス化することで、
グループナレッジマネジメントを積極的に実践し、
事業シナジーの追求事業領域拡大を目指す経営といった感じでしょうか。

おそらくですが、
もし同社グループが順調に成長・拡大していくようであれば、
同社がIT技術を活用してグループナレッジマネジメントに
成功していることを裏付ける証拠になるような気もしています。

 

その意味で、
今後の展開を見守ってみたい
ホールディングス化の事例でした。

★★★★★★★
どのように
グループナレッジマネジメントを
実践していますか?
★★★★★★★