今回は完全に脱線記事です

ここ2~3日程度、少し風邪気味で、
頭が働いていませんでした。

体調を崩すことがあまり無いため、
たまに風邪気味になるだけで、
かなり弱気になってしまい、
「すぐ寝る」「治るまで寝続ける」
といった手法で、
なんとか回復を待つスタイルです。

 

金曜日の夜から土曜日の夜まで
丸1日寝続けたことで、
ようやく体調が良くなってきましたが、
専門的な内容を書くモチベーションがまだ上がらず、
少し脱線気味の記事を書くことにしました。

めちゃイケに新崎人生さん

金曜日の夜から丸一日寝続けて、
ようやく回復してきたので、
少しテレビでも見ようか、とテレビをつけると、
「めちゃイケ」が放送されていました。

最近は一部の情報番組以外
テレビを見る機会はほとんどなくなりましたが、
もともと「めちゃイケ」は大好きだったので、
最近でもたまに見ることはあります。

 

今回のテーマは、
数年前にアマチュアとして
「めちゃイケ」オーディションに合格した三中さんが、
この度、プロに転向するということで、
再オーディションをする、
という内容です。

個人的には、
三中さんの再オーディション自体には、
とくに興味はなかったのですが、
三中さん絡みで、みちのくプロレスの
新崎人生さんが出演されていることには、
結構興味深く拝見していました。

 

最近は、プロレスを
ほとんど見ることが無くなりましたが、
子どもの頃から熱狂的なプロレスファンだったこともあり、
このような形で新崎人生さんを
テレビで拝見する時が来るとは思ってもいませんでした。

新崎人生さんの言葉

番組の中で
プロに転向することになった三中さんに対して、
新崎人生さんが、
以下のようなメッセージを伝えられていました。

 

「お客さんは『三中』がいなくても生きていけるんだよね。
でも『三中』はお金を払ってくれるお客さんがいないと生きていけないんだよ。
プロになるんだったら、それをちゃんと考えてやっていてくれ!」

 

この言葉には、
かなり心を打たれました。

うわべだけの言葉ではなく、
これまで、いろいろと苦労をされてきたであろう
新崎人生さんの本心の言葉であることがわかるだけに、
とても心を動かされました。

 

また、
再オーディションとして
三中さんが漫才をしている姿を見つめる
新崎人生さんの優しい目が、
何とも言えない雰囲気なのです。

 

昔の新崎人生さんも
相当、素晴らしい雰囲気と個性を持たれていた
プロレスラーでした。

ただキャラクター的には、
無口なスタイルだったため、
実際にお話するとどんな感じであるかは、
当時はイメージがあまり湧きませんでした。

 

でも、
めちゃイケでお話をされている
新崎人生さんの姿は、
昔のイメージを壊すことも無く、
とても紳士的な印象があり、
私の中での好感度がアップしました。

脱線ついでに

新崎人生さんと言って思い浮かぶのは、
やはり「グレート・ムタ」との一戦でしょう。
約20年前に東京ドームで行われた一戦です。

この一戦、
入場からエンディングまでが
とても印象的な一戦です。

 

今見ても
色あせない一戦だと思いますので、
お勧めの一戦です。

このような一戦を
東京ドームの大舞台で作り上げるには、
レスラーとしても、
相当な力量が必要なはずです。

 

また、
新崎人生さんが
全日本プロレスのリングに登場したのも
かなり印象に残っています。

まだまだ閉鎖的だった
ジャイアント馬場さん率いる
当時の全日本プロレスへの参戦。

 

ジャイアント馬場さんに
相当信頼されているレスラーでなければ、
当時の全日本プロレスのリングに
外部から参戦することはできなかったはずです。

人間的にも、
またプロレス技術的にも
信頼されていたからこその
全日本プロレスのリングへの参戦だったと思います。

 

昔のプロレスについて語りだすと、
止まらなくなってくるようです。

本当に話が脱線してきましたので、
このあたりで終わりたいと思います。

それにしても、新崎人生さん、
とても興味深い人物です。

今度、みちのくプロレス見に行ってみたくなりました。

★★★★★★★
プロフェッショナルとは?
(by 新崎人生さん)
★★★★★★★