連結決算は難しい?

連結決算というと
どうしても難しそうで、
専門的なイメージがあるようです。

会計の知識のある人や
経理社員、税理士等であっても、
ほとんどの人が、
「連結決算となるとちょっと・・・」
となってしまいます。

 

但し、私の感覚では、
「連結決算=難しい」という印象は
もう少し掘り下げて考えるべきだと思っています。

私なりに
連結決算業務を因数分解すると、
主に、

——————————————————–
①連結会計の知識(10%)
②経営者の理解(30%)
③グループ組織デザインの状況(30%)
④グループ内コミュニケーション・協力体制(30%)
——————————————————–

といったような要素に
分解できるのではないかと考えています。

カッコ書きしている「%」は、
占める割合を表現しています。

 

そして、
「連結決算は難しい」
と思われている方の多くが、
このうち①の要素についてのみ
語られているような気がしています。

確かに1つの側面としては、
①の要素に難しい部分があることは
否定できません。

 

但し、
そもそも連結決算業務のなかで、
①の割合は10%程度であり、
かつ、そのうち難解な部分となると、
5%にも満たないのではないかと思っています。

連結決算の本当の難しさとは?

それでは、
実際のグループ経営実務の中での
「連結決算の本当の難しさ」
とは何なのでしょうか?

それは、

———————————————-
連結決算業務で本当に難しいのは、
②経営者の理解(30%)
③グループ組織デザインの状況(30%)
④グループ内コミュニケーション・協力体制(30%)
の3つの要素である
———————————————-

と言えるでしょう。
この②③④で90%を占めますので。
(あくまで私見ですが)

 

このうちの重要性については、
前回の「(Q8)」でも
お伝えさせていただきました。

またのグループ組織デザインの
重要性については、
これまでも何度もお伝えしてきました。

このについてもどちらかという
経営者が主体性を発揮する要素が
大きいです。

 

そう考えると、
経営者要素の②③だけで
連結決算業務の約60%も
占めることになります。

ということは、
経営者が連結決算に主体的に取り組めば、
連結決算業務の困難要素の
半分以上は解消されると言えます。

連結決算の難しさのもう1つの要因

連結決算の難しさの要因の半分以上は
「経営者要因」
であることをお伝えしました。

そしてもう1つ、
連結決算が難しくなる大きな要因として、
「④グループ内コミュニケーション・協力体制(30%)」
の要素があります。

 

この要素も、
現場レベルでは、
とても大きなテーマです。

グループ経営の状況を
決算書という形で数値化したものが
連結決算書です。

つまり、連結決算業務とは、

————————————
グループ経営の現場の状況を
数値化していく「一連の流れ」
————————————

と表現できます。

 

そう考えると、
結局は、グループの各現場同士の
コミュニケーションや協力関係があって初めて
連結決算書が出来上がる、
と言えます。

 

一般的には、
「連結決算=①連結会計の知識」
と思われがちですが、
実際には、これだけでは不十分なのです。

結局、
連結会計の知識や
連結決算書を作る経験があるだけでは、
連結決算はできないのです。

そのような専門知識のある人材を
雇用したからといって、
自社の連結決算が
できるようになるわけではないのです。

 

この点は注意が必要な点です。

連結決算への関与人数=連結決算の可能性の大きさ

以上をまとめると、
グループ経営に役立つレベルの
本当の連結決算の仕組みを構築しようと思ったら、

—————————————
グループ会社「全員」の協力が必要
—————————————

ということです。

このなかには、
当然、経営者も含まれますし、
経理部以外の社員も含まれます。

 

つまり、
グループ経営に活用できる
連結決算の仕組みづくりのポイントは、

—————————————
どれだけ経営者自らが
連結決算に主体的に関与し、
どれだけ多くのグループ社員が
連結決算に主体的に協力するか
—————————————

にかかっている、
と言ってよいでしょう。

 

もし、
「連結決算=経理部の仕事」
と思っているようであれば、
是非、これを機会に
現状を見つめ直していただければと思います。

★★★★★★★
連結決算に興味をもち、
主体的に関与し、協力している社員は、
何人いますか?
★★★★★★★