はじめに

グループ経営において、
「経営指導料」
について、どう考えるかは、
1つのテーマです。

以前の記事の
【コラム】経営指導料の算定方法
でも私なりの考えをまとめましたが、
今回は少し実際の数値例をもとに
研究をしてみたいと思います。

研究対象会社の選定

まず今回はランダムに
10社の会社を選定してみました。

大きく分けると、以下のとおりです。
———————————————————-
<ホールディングス型連結グループ経営:5社>
①㈱ウエスコホールディングス
②㈱エンビプロ・ホールディングス
③テクノプロ・ホールディングス㈱
④フジパングループ本社㈱
⑤ジェイコムホールディングス㈱

<通常の連結グループ経営:5社>
⑥リアルコム㈱
⑦㈱ビューティ花壇
⑧旭サナック㈱
⑨サイバーステップ㈱
⑩㈱毎日コムネット
———————————————————-

算出する比率

今回の研究においては、
各社の経営指導料について
以下の3つの比率を算出してみました。

●連結売上高比率
●連結営業利益比率
●連結経常利益比率

 

連結売上高、連結営業利益、連結経常利益は、
グループ内取引を消去したうえでの、
純粋なグループの売上や利益です。

とくにホールディングス経営の場合には、
事業子会社の売上高や利益と
連結売上高や連結営業・計上利益は
ある程度整合があると考えられます。

そう考えると、
グループ全体への貢献度合いと
経営指導料の金額の関係性を見るうえでは、
1つの目安になるとの仮説が立ちます。

算出結果(ホールディングス型)

まず「ホールディングス型」の場合の
算出結果は、以下の通りでした。

①㈱ウエスコホールディングス

managementfee(1)

②㈱エンビプロ・ホールディングス

managementfee(2)

③テクノプロ・ホールディングス㈱

managementfee(3)

④フジパングループ本社㈱

managementfee(4)

⑤ジェイコムホールディングス㈱

managementfee(5)

 

今回はたった5社だけなので、
あまり規則性は特定することはできませんでした。

そのなかでも、

——————————————————————————–
・売上高に対しては「1%未満」の会社の方が多い
・売上高に対する比率は2期比較でもそれほどブレない
・利益に対する比率は、会社比較、2期比較ともブレがある
——————————————————————————–

といった傾向は見受けられました。

 

以上の結果を踏まえると、
あくまで個人的推測ではありますが、
グループ子会社の「売上高」を1つの基準にして、
経営指導料を算定しているケースが多い
ということが言えような気がします。

次回へ

続いて、次のグループとして、
ホールディングス型ではない、
連結グループ経営の5社の方の結果を
確認してみたいと思いますが、
長くなりましたので、
次回に続きをお伝えさせていただきます。