シェアードサービス

前回の記事において、
連結決算業務において解決が難しい論点である、
・勘定科目の統一
・グループ内取引金額の一致
に取り組むためには、
シェアードサービスが有効である旨を
お伝えしました。

 

理由としては、

——————————————–
「シェアードサービス」を活用していくことで、
グループ内の業務を標準化していけるから
——————————————–

です。

 

グループ経営においては、
いろいろな登場人物が、
いろいろな立場でものを考え、
発言し、行動するため、
放っておくとバラバラになりやすい傾向にあります。

そのため、
意識的にグループ内に
「業務の標準化」
の意識を植え付けていかなければ、
後々大変になってくるでしょう。

 

逆にきちんと「業務の標準化」を
グループ内で浸透していければ、
・勘定科目の統一
・グループ内取引金額の一致
が容易になってくるはずです。

現場も戸惑うシェアードサービス化

とくにグループ経営の場になると、
必ずと言ってよいほど
「シェアードサービス」
の概念が議論されるようになります。

なかでも、
コスト削減を意図した
シナジー効果という視点で議論されることが
一番多いように思います。

 

連結グループ経営においては、
グループ内でシナジーを生み出すことが
重要なテーマとなりますが、
シェアードサービスによってコストメリットを出す手法は、
最もオーソドックスな手法と言って良いのかもしれません。

そのため、総論としては、
シェアードサービス化に反対する経営者は
基本的にいらっしゃらないのではないでしょうか。

 

実際のグループ経営の現場でも、

「今度、グループ内の●●の業務を
 □□部門が一手に引き受ければ効率が上がるのでは?」
「シェアードサービス化できるように、△△さん、考えておいてよ」

といったようなコメントは
本当によく発せられています。

 

ただ、現場に任せていては、
実際にシェアードサービス化は進んでくれません。

現場主導ではシェアードサービス化が実現されない理由

実際に現場主導では、
シェアードサービス化は進まないことがほとんどです。

理由はいくつかあると思います。

たとえば、

①日常業務に追われている
②自分の業務を変えることになるのが気が進まない
③自分の仕事が増えるのではないかとけん制する
④自分の仕事が無くなるのではないかと不安になる

といった感じです。

 

人間誰しも変化を余儀なくされる場面では、
抵抗心を感じるものです。

上記②~④については、
「社員の気持ち」
に関連する部分ですので、
合理的なことであっても、
きちんと配慮して説明をしていかなければ、
なかなか動いてくれるまでには至りません。

 

また、上記①については、
単純に「時間」の問題が論点になります。

新しい形に変えていくには、
それなりに現状調査も必要ですし、
新たなアイデアも必要になります。

このようなことに対応するための時間を
きちんと捻出するところまで
会社として計画的に取り組まなければ、
日常業務に忙殺されている状況は変わらず、
いつまで経っても、新しい形には変わっていかないでしょう。

 

社長としても、

——————————
社員は、常に
緊急な仕事に追われている
——————————

という大前提があることを、
所与の事実として受け入れる必要があります。

 

この前提を省略したうえで
どれだけ画期的なアイデアを出しても、
実行には移されないと考えた方がよいです。

「日常業務が忙しくて時間がないのですが・・・」

総論としては反対されることが少ない
シェアードサービス組織づくりですが、
●社員の気持ち
●日常業務とのバランス
の2つを手当してからでなくては、
実際に実行されるようにするのは難しいとうことです。

社員が納得して
シェアードサービス化に協力してくれるには、
やはり「総論」ではなく
「各論」でお話をしなければ、
難しいでしょう。

 

その前提として、
現状の社員の業務をきちんと観てあげて、
評価してあげられていることが不可欠なように思います。

今の現場実務を見る努力をせず、
総論だけで納得させるのは無理があるでしょう。

 

また、日常業務とのバランスについても、
あらゆる検討の大前提として常に一体で
議論をする必要があります。

「日常業務が忙しくて、できない」

このような言葉を言われた時に、
どう返答できるのか。
経営者として決めておく必要があります。

「その業務はやらなくて良い」
「その業務は短期派遣を使ってお願いする」
「その業務は●●にやってもらう」

状況によっていろいろな回答があると思いますが、
明確に即答できるようにしておくことが重要です。

★★★★★★★
社員は常に緊急な仕事に追われています。
その前提を意識してあげらていますか?
★★★★★★★