前回の続きです。

「結局、スノーピークは、
 『マーケットイン』なの?
  それとも『プロダクトアウト』なの?」

これが、
私が感じた「違和感」「矛盾」です。

そして、
ある視点で考えると、
この矛盾が一気にクリアになりました。

 

その視点とは、
「社員=ユーザー(顧客)」
というものです。

snow(1)
スノーピークの経営の随所に
「社員=ユーザー(顧客)」
であることを前提とした仕組みが
存在することに気づかされます。

たとえば以下のような感じです。

【ミッション・ステートメント】
「自らもユーザーであるという立場」で考える姿勢が
明示されている。

【採用時】
「スノーピークやアウトドアが好きでたまらない」
という社員のみを採用している。

【社員教育・研修】
●顧客がきちんと理解するまで
説明できるようになるために、
「キャンプ研修」を義務付け、製品の使い方も
 実体験を通じて身につけてもらう。

【製品開発時】
●開発担当者は、企画からデザイン、
製造ラインにのせるまでの一連のプロセスを、
一貫して手掛ける。
自分のお金を出して買わない製品は作ってはいけない

【働く場所(本社)】
●新潟に本社を移転し、
1年を通して自然を楽しみ、
自然から学ぶイベントを開いて、
多くのユーザー(顧客)が集まってくる。
本社の目の前は「キャンプフィールド」になっている。
●社員にとってアウトドアが身近なものであり、
日常の延長線上にある

【コミュニティ】
●キャンプイベントを通じて、
 顧客と社員がユーザーという同じ立場で
 一緒にキャンプを楽しむ。

 

つまり、端的に表現すると、
「ユーザーを社員として採用して、
  ユーザー自身が欲しいと思う製品を作り、
  情熱をもって他のユーザーに販売している。」
といった状態が
スノーピークの経営のなかでは、
作り上げられているということです。

このような
「社員=ユーザー(顧客)」
という前提の中では、
「マーケットイン=プロダクトアウト」
という公式が成り立っても
おかしくありません。

snow(2)

 

自社のサービスに興味がある社員を
採用すること自体は、
多くの会社で実施されていることかもしれませんが、
スノーピークの場合には、
その徹底度合いが異なるように思います。

採用、教育、製造、販売。
経営のあらゆる場面で、
「社員=ユーザー(顧客)」
という視点が貫かれているように思います。

 

自社の製品・サービスが好き。
 ↓
自社のことが好き。
 ↓
自社の製品・サービスのこともよく知っている。
 ↓
自社で働くことに誇りを持てる。
 ↓
自社の製品・サービスを自信をもって販売できる。

 

このようなサイクルが、
企業としての競争優位を
作り上げているのではないかと
感じさせられます。

Vol.27(2)

スノーピークのような製造小売業や、
B to Cビジネスの場合だからこそ、
「社員=ユーザー(顧客)」
が成り立ちやすい環境はあるのかもしれません。

一方で、
B to Bのビジネスの場合には、
なかなか社員自らが自社の顧客になることは
難しい場合が多いです。

但し、
「社員=ユーザー(顧客)」
という基本的な考え方は、
どのようなビジネスモデルであっても
応用できるのではないかと思います。

 

つまり、
どれだけ社員が「顧客の立場」になれるのか。
この視点だと思います。

ここを追求すれば、
「マーケットイン」「プロダクトアウト」
のどちらかに悩む必要は無くなり、
自然と、
「マーケットイン=プロダクトアウト」
の経営になっていくのではないか。

snow(2)

 

ということで、

「『マーケットイン』『プロダクトアウト』どちらが正解?」

の問いに対する私なりの回答は、

「『マーケットイン=プロダクトアウト』が
   成り立つ経営が目指すべき」

という答えになります。

 

『スノーピーク「好きなことだけ!」を仕事にする経営』

私にとっては、
いろいろとヒントを得られた1冊でした。