Pocket

今年のブログ更新は本日が
最終日とさせていただきますので、
2015年の振り返り来年に向けての思い
簡単に書かせていただく回と
させていただければと思います。

 

これまで業務に追われ、
なかなか自分のノウハウを
整理しきれていませんでした。

基本的には、
各クライアントに合わせた
オーダーメイド型の対応をとっていたことも
その要因かもしれません。

 

各社、企業風土も異なりますし、
ニーズも様々なため、
狭い専門領域といえでも、
どうしてもオーダーメイド型の対応に
ならざるを得ませんでした。

1社1社と向き合って、
最善のサービスを考え、提供する、
というオーダーメイドスタイル自体は、
効率は良くないかもしれませんが、
サービスとしては悪くはないと思っています。

 

ただ、
一定の型をつくらず、
オーダーメイド対応をしていたが故に、
初対面の方に、ふと、
「どのような業務内容ですか?」
と聞かれたときに、
即答できない状況がこれまで多々ありました。

 

そのようなとき、いつも思っていました。

「自分のことを客観視して伝えるというのは、
なんて難しいものなのだろう。」

 

このようなことを感じているなかで、
今年は、ささいなきっかけから、
「一度、このタイミングで
自分のノウハウを整理しよう」
と思い直し、
ブログという形ではありますが、
毎日アウトプットする
という習慣を作りました。

 

なかなか言語化するのは
容易ではありませんでしたし、
自らのノウハウを整理するつもりが、
逆にノウハウが散らかった感もあります…。

まだまだアウトプットしたいことは
いろいろありますが、一方で、
自分の思考も少し整理されてきたこともあり、
2016年は少し習慣を変えたいと思っています。

 

まずブログ更新頻度という点においては、
2015年は毎日更新を心掛けましたが、
2016年は週3回(月・水・金)更新する習慣に
変更してみたいと思います。

実施していくなかで更新頻度等は
変わっていく可能性はありますが、
2016年はアウトプットを減らす一方で、
整理できたノウハウや経験をもとに、
「グループ経営で困っている経営者を直接助ける」
取組みの方に、もう少し時間を割きたいと考えています。

やはり、最終的には、
困っている経営者を救えてこそ、
一専門家としての存在意義だと思っていますので。

 

とはいえ、
多くのクライアントを流れ作業的に
捌いていくスタイルは好きではありません。

理想としては、
関与させていただいた全クライアントに
結果を出していただきたいです。

そのため、
自ずと支援できる会社数は
限られてはくると思います。

 

また、
結果を出していただくには、
私自身の能力は当然のことながら、
経営者ご自身の努力や、社員の努力が不可欠です。

さらに、
お互いの信頼関係無くしては、
結果にコミットするのは難しいと思っています。

 

このような前提をご理解いただき、
お互いの思いに共感できる経営者のために、
ノウハウや経験をご提供し、
結果にコミットできる支援を
心掛けていきたいと思っています。

 

また、
本当に「緊急時」
救急対応するような支援も
少しだけお手伝いできれば、
とも考えています。

昔は、
連結決算を緊急対応する仕事を
頻繁に実施していました。

一方で、最近は、
そのような「緊急事態」に
ならないような仕組みを作る支援の方が
メインになっています。

 

ただ、
やはり「緊急支援」が必要な
経営者もいらっしゃると思います。

緊急支援の場合は、
そもそもスケジュールが調整できるかどうか
にかかってはいますが、
可能な範囲で対応をするのも
一専門家としては、
必要なことなのではないかと
最近改めて感じているところです。

 

実は、
今年年末にかけて
珍しく娘が病気にかかってしまい、
緊急で問い合わせ等をしたりとバタバタでした。

夜間でも土日でも対応している
お医者さんの存在は、
やはり貴重な存在であることを
実感した出来事でした。

 

人間の場合とは少し異なるとは思いますが、
やはり企業においても突発的な緊急事態に陥り、
支援を必要としている会社があることは
過去の経験上、よく理解しています。

そのような緊急事態に対応するのも
求められている役割の1つなのかも、
と改めて思い直した出来事でした。

 

ということで、
長々と書いてしまいましたが、
2015年の振り返りと、
2016年の取組みの思いとなります。

次回のブログ再開は、
2016年1月4日の予定です。

 

今年2015年、
ブログをお読みいただき、
また感想をいただきました経営者の方には、
感謝申し上げます。

来年も引き続き、
ブログの方を続けてまいりたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。