社長を支える「グループ経営の裏方」機能を作ることができれば、グループ経営が面白くなる!
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • グループ化のデザイン

グループ化のデザイン

Vol.79 グループ経営とエリア戦略①

グループ経営を成長させ、 拡大していくためには、 「広げない」 ことがポイントであることを 「Vol.78 小さな会社のグループ経営戦略」で お伝えしました。 改めてポイントをお伝えすると、 ①地域を広げない(どこで) …

Vol.78 小さな会社のグループ経営戦略

私は仕事柄、 「別会社を作りたい」 「新しく子会社を作りたい」 「他社の株式を買いたい」 「分社化したい」 といった相談を受けます。 いわゆる 「グループ経営を拡大していくための決断」 についての相談です。 とはいっても …

Vol.77 永続していくグループ経営と2つの武器

経営についての考え方は、 経営者や専門家によって、 マチマチだと思います。 私はというと、 「永続」 という考え方が好きです。 なかでも、 急激に成長するのではなく、 毎年一歩ずつでもよいので、 地道に成長し続けながら、 …

Vol.76 ホールディングカンパニーの絶妙な立ち位置

ホールディングス経営のカタチにも 様々あると思いますが、 私が1つイメージしている形が、 「(オーナー)社長⇔ホールディングカンパニー⇔各事業」 といった形です。 この形のうち、 「社長」と「各事業」の部分を、 機能・役 …

Vol.71 ホールディングス化する手法を決定するためには

これまでに いくつかのホールディングス化の事例を 掲載してきました。 本の一部ではありますが、 たとえば、 【事例】株式会社 幸楽苑 【事例】不二製油 株式会社 【事例】株式会社 永谷園 【事例】株式会社 アインファーマ …

Vol.65 これからのホールディングス経営の形は?

純粋持株会社形態が解禁されて以来、 ホールディングス型の経営が着実に増えています。 純粋持株会社というと もともとは財閥的な感じで、 いろいろな事業を手掛ける際に 活用されるイメージだったのだと思います。 少し前までは、 …

Vol.64 赤字の子会社を直視して判断する勇気

複数会社化する際に よくあるパターンの1つが、 「新規事業のために子会社を設立する」 というパターンです。 ただ、 思ったように事業を軌道に乗せることができず、 事業停止状態になって放置されていたり、 赤字が続く中でダラ …

Vol.63 グループ売上高とグループ原価は意識していますか?

これまでも何度もお伝えしてきましたが、 連結決算の仕組みの中では、 グループ会社間で行っている売上は、 すべて消去されます。 (参照:【用語】連結決算①、【用語】連結決算②) つまり、 グループ全体を1つの会社と考えて …

【事例】株式会社 幸楽苑②(考察)

幸楽苑がホールディングス経営に移行するということは、 事例として、【事例】幸楽苑①でも紹介しました。 平成27年5月8日に開示された 「持株会社体制への移行に伴う分割準備会社の設立、 吸収分割契約締結及び 定款一部変更( …

Vol.62 グループ顧客は見えていますか?

複数会社化の形にも いろいろな形がありますが、 よく見かける形の1つの例として、 販売機能と製造機能を分社している場合があります。 製販が分離されているケースです。 この製販分離型のグループ経営として、 ・販売会社⇒親会 …

Vol.60 グループ経営者に必要な「引く」の視点

連結決算の仕組みの中では、 最終的には連結決算書というものが 出来上がります。 この連結決算書を作成するまでのなかで、 社長としては、 いろいろと見えてくるものがあります。 ちなみに、 連結決算書作成の概要については、 …

Vol.54 社長のための連結決算とは?

先日、あるクライアントの社長から 「子会社を作りたいんだけど、  連結決算とか、申告とか、複雑になるの?」 と質問を受けました。 すでに2社の会社(A社、B社)をお持ちで、 もう1つの会社(C社)を、 すでにあるB社の子 …

Vol.52 株式上場とプライベートカンパニー

小さな会社や中小企業の 社長にお会いした際に、 「将来株式上場したいと考えています。」 と、よくお聞きします。 別に株式上場なんて必要ない、 と言われる社長も、 心のどこかでは、 「機会があれば、上場を」 と密かに思われ …

Vol.50 オーナー社長の個人資産管理とホールディングス②

前回の「Vol.49」でも書きましたが、 限られた入手可能な情報をもとに、 上場企業のオーナーの個人資産管理の事例を 私なりにいろいろな切り口で研究しています。 前回の「Vol.49」では、 オーナーの資産管理会社の必要 …

Vol.49 オーナー社長の個人資産管理とホールディングス①

一般的に上場会社は、 脱プライベートを果たした会社ですが、 実は同族会社といってよいような会社も結構存在します。 株式上場に至るにあたって 一定割合の株式は外部に放出していくのですが、 上場後においても、 かなりの株式を …

Vol.47 オーナー社長のプライベートカンパニー

経営者であれば誰しも 創業当初は1つの事業を 一心不乱に頑張る時期があると思います。 そして、 経営者という人種は、 事業が軌道に乗ってきて、 精神的・金銭的な余裕が出てくると、 1つの事業以外に いろいろなことを考える …

Vol.45 ホールディングスは資本政策に有利?

「どのように株を持てば一番良いですか?」 初めて別会社を作ろうとされる経営者や すでにグループ会社経営をされている経営者から よく受ける質問です。 いわゆる「資本政策」と言われる分野です。 会社を作るということは、 誰か …

Vol.44 ホールディングスで全体像を見せる

ふだん企業へ問い合わせをしたときに、 「弊社は●●の会社で、 ▲▲はグループ会社で□□という会社があり、 そこで担当しています。」 といった感じで、 違う窓口へ案内をされる場合があります。 そして、 案内された別のグルー …

Vol.42 ホールディングスでグループ顧客の見える化

複数会社化し、 グループ経営をしていると、 自然とグループ会社間での取引が増えてきます。 いわゆる「グループ内取引」です。 たとえば、 販売部門と仕入・製造部門を分社する形で、 2つの会社にした場合には、 もともと2つの …

Vol.40 ホールディングス移行で本当にスピードアップするのか?

ホールディングス移行にすることによって、 意思決定の迅速化を図っていく、 といった事例をよく見かけます。 専門書等にも、 ホールディングス化の目的・効果の1つとして、 意思決定の迅速化というものが 挙げられたりもします。 …

Vol.35 ホールディングスとして最初に作るべき仕組みは?

ホールディングス化することのメリットやデメリットは、 これまでいろいろと書いてきました。 今後も、メリットやデメリットについては 書いていきたいと思っていますが、 その大前提として、 とても大事な視点を書いておきたいと思 …

Vol.31 ホールディングスによるグループ経営戦略立案

連結グループ経営には、 従来型とホールディングス型の 2つに大きく分けられると思っています。 このうち、「従来型」の連結グループ経営とは、 メイン事業を有する親会社の経理部や企画部が 子会社の管理をする形態です。 一方で …

Vol.29 なぜホールディングス型の連結経営なのか?

日本では昔、 純粋なホールディングス形態が 認められていなかったこともあり、 ホールディングス形態が流行り出したのは、 比較的最近といえます。 まだまだホールディングス形態ではなく、 通常の事業会社が親会社となり、 その …

Vol.27 ホールディングス経営で仕組みづくり

企業が成長していく過程では、 どこかのタイミングで 社長が1人ですべてを把握しきれない 規模になってきます。 おそらく社員が10名を超えると、 社長自らが、 直接1人1人の社員に教えるような スタイルは難しくなると思いま …

Vol.26 ホールディングス経営に必要な右腕とキーパーソン

ホールディングス経営を実践していくためには、 事前のデザインが重要であることは 何度も書いてきました。 最初にデザインする必要があるのが、 ホールディングス経営の「形」です。 経営者にとっては、 勇気や覚悟のいる決断にな …

Vol.25 連結グループのデザインは必ず変わる

連結グループ経営にあたって、 最初の連結組織のデザインはとても重要です。 走りながら考える というスタイルも当然必要なのですが、 十分すぎるほどのデザインをしたうえで 走り始めなければ、 連結グループ内はグチャグチャにな …

Vol.21 連結グループ戦略と各社の戦略

複数会社化する目的は様々です。 社長がどのような思いで 会社を複数所有したいかです。 小さな会社の場合、 このような質問をよくされます。 「会社を複数にした方が節税できると聞いたのですが・・・」 小さな会社が成長していく …

Vol.20 地域別に会社の分ける場合

複数会社化の形として、 例としてはあまり多くはないですが、 地域別に法人を分けるという考え方もあります。 たとえば、イオンを例に見てみます。 イオンはホールディングス形態の会社ですが、 傘下の子会社に、 ・イオン北海道( …

Vol.19 機能別に会社を分ける際の留意点

会社を複数に分けたり、 別会社を作ったりする際に 機能別に会社を分けるという考え方があります。 小さな会社や中小企業の場合、 新規事業ために別会社を作るケースが 多いかもしれません。 一方で、 企業が成長し、大きくなるに …

Vol.18 複数会社化と社員の気持ち

会社を複数化するにあたり、 どのようなデザインにするかは様々なケースがあり、 正解があるわけではありません。 経営者自らの意志のもと、 決めていく部分になると思います。 但し、1つ会社を増やすということは、 法人維持管理 …

Vol.17 数値シミュレーションをして具体化

複数会社化、ホールディングス化にあたっては、 経営者の頭にあるイメージを、 事前に明確にしておくことが重要です。 Vol.16のなかでも触れましたが、 ①現状(単一会社の中での状況) ②理想(複数会社化したときの状況) …

Vol.16 社長の頭の中をビジュアル化して比較しましょう

多くの上場会社では、 グループ経営を行っており、 連結決算を行っています。 上場している場合や 上場したい会社の場合には、 連結決算が必須となります。 それでは、そのような会社は グループの中がきちんと整理されていて、 …

Vol.12 連結グループ経営の決意

初めて複数会社化を考える社長で ホールディングス化を選択肢に入れるケースは ほとんどありません。 多くの場合、 すでにある会社を基盤に「子会社」として 別会社を作るケース、 もしくは、 ご自身が新たに出資設立して 別の会 …

Vol.11 複数会社のカタチ

複数会社化を始める会社で よく見かける事例は、 「単一会社と変わらない複数会社経営」 というスタイルです。 つまり、 法人格は複数になっていても、 実態は単一会社のときと変わらない。 このような状態です。 私の中ではこれ …

Vol.7 はじめよう連結グループ経営

会社規模が小さいうちは、 社長の頭の中だけで、 会社の全体像をある程度把握でき、 管理もできると思います。 但し、会社規模が大きくなっていけばいくほど、 社長の頭の中ですべてを整理するのは難しくなりますし、 すべての社員 …

Vol.3 連結グループ経営とは?

企業は事業を行っていくうえで、 自社に不足している経営資源を 他社に依存したり、他者と協業することで その不足を補いながら 自社サービス提供を行っていくものです。 1社ですべての経営資源を 保有している会社はありません。 …

Vol.2 事業成長と複数会社化

上場会社の多くは連結グループ経営をしています。 90%以上は複数会社化していると思います。 毎日のように、 「子会社を設立しました」 「合弁会社を設立しました」 「他社の株式を購入し、子会社化しました」 といったようなリ …

Vol.1 もう1つ会社を作りたくなったら

社長であれば、おそらく 「もう1つ会社を作りたい」 と思ったことがあるのではないでしょうか?   会社を立ち上げた頃や創業間もない頃は、 1つの事業に集中して、ひたすら頑張る、 といった状況が続くものです。 そ …

Page 2 / 212

キーワードで検索

キーワードで検索

人気記事ランキング(月間)

  • facebook
Powered by 連結グループ経営研究所